スマホのセキュリティ対策

 ⅰPhone(アイフォーン)の登場で一気に広まったスマートフォン(スマホ)。筆者の周辺もどんどん以前の携帯電話(ガラケー)から機種変更している。筆者も先日、2台目に買い替えたが、前のより動きが快適になり技術の進化に驚かされる。スマホには、取材の予定はもちろん本欄の原稿締め切り日、見たいテレビ番組の日程、レンタルビデオの返却期限など、ほとんどすべてのことをスケジュール機能で管理しているほか、思いついた記事ネタなどはメモ機能などで記憶。おかげで自身の記憶力が落ちた気がするが、その分、スマホが無くなれば非常に困る。ほかにも会社のパソコンで受信するメールを見られるようにしたり、振り込みができるアプリを入れたり、資料をカメラで撮影し文字データ化したりと、あらゆるデータを保存している。
 便利になった分、電話帳など個人情報をはじめとする、さまざまな情報が満載。そうなるとセキュリティー面を気遣わなければならない。スマホユーザーの動向を調査しているMMD研究所のセキュリティー対策の調査では、セキュリティーアプリを入れている人は半数。個人情報を盗む不正なアプリが次々出現している中、最低限の対策となるだろうが、まだ危機意識は高くない。またソフト面だけでなく、紛失した際に他人に見られてしまうことも想定し、パスワードロックをかけるなど対策を講じなければならない。
 これからもどんどん便利な機能が出てくるであろうスマホ。それに比例してさまざまな危険も増えていくだろう。便利な道具も使い方しだい。技術の進化とともに人も進化していかなければならない。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る