県の婚活応援事業スタート

 県が結婚したい男女を応援するわかやま結婚支援事業をスタートさせ、 県主催の 「婚活イベント」 に参加できる会員登録などを呼びかけている。 少子化の大きな要因の未婚化、 晩婚化の流れを変え、 男女の出会いの場を提供するほか、 自主企画の婚活イベントの開催や飲食等の割引サービスを提供する 「婚活応援隊」 も募集。 応援隊の主催イベントには、 県がPRやプロの司会者を派遣するなどバックアップする。
 和歌山県の人口減少率は全国7番目と高く、 未婚化、 晩婚化の流れを食い止めるのが課題の1つ。 県はこれまでグループ単位の会員登録を募り、 ホームページのサイト上に各種婚活イベント等の情報を掲載するなどしてきたが、 本年度からは 「安心」 の新政策の1つとして、 婚活イベントを主催するなど全県的な結婚サポート体制を推進する。
 婚活イベントは20歳以上の県内在住、 在勤の独身男女 (学生は除く) が対象で、 6月から来年3月までに24回開催。 うち2回は県有施設を利用し、 第1回は海南市の県立自然博物館で閉館後の夜の水族館見学を行う。 このほか、 体験型 (6回)、 パーティー型 (16回) のイベントを県内各地で開催。 参加するには会員登録 (無料) が必要、 県庁子ども未来課 (℡073―441―2492) と日高振興局健康福祉部 (御坊保健所) で申し込み書を配布しており、 県ホームページ (わかやま出会いの広場) からもダウンロードできる。
 県は男女の出会いの場となる婚活イベントを企画・開催したり、 イベント場所の提供や飲食等の割引サービスを行う 「婚活応援隊」 も募集。 この応援隊が主催するイベントは県がHP等でPRし、 非営利のイベントにはプロの司会者を派遣するなど、 活動を支援する。 申し込み書はイベント会員と同じく県庁子ども未来課等で配布しており、 5月からはHP (わかやま出会いの広場) で申し込みを受け付ける。

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る