みなべであきんどカーニバル開幕

 地域振興につなげるイベント 「あきんどカーニバル」 (みなべ町、 町商工会主催) が13日、 南部小学校周辺で13年ぶりに開幕。 初日はみなべ町の食材を使った 「みなべん (弁当)」 コンテストが催され、 田辺市のチーム 「一年生」 (山根三明代表) が優勝した。 梅干しやシラスなどの食材を使用。 審査員からは 「地元の食材を生かし、 バリエーション豊富な品数」 と高い評価を受けた。
 あきんどカーニバルは以前は5年に1度開催していたが、平成12年を最後に途絶えていた。商工会の関係者から「復活させて地域を盛り上げ、みなべの魅力を発信しよう」という声が高まり、今回の開催に至った。
 みなべんコンテストには7組が応募。書類選考の1次審査で3組に絞られていた。この日は最終審査で、小谷芳正町長、植田英明商工会長、高本健司紀州南部ロイヤルホテル総括料理長、佐本彰国民宿舎紀州路みなべ料理長、中松紀雄商工会青年クラブ事務局長の5人が試食。1人50点の計250点満点で、オリジナリティー、彩り、容易につくれるなどを基準に審査された。優勝した「一年生」は山根さん、山根玲穂奈さん、堀本明子さんの3人チーム。弁当はシラス入りの団子、カリカリ梅をご飯に使用しためはり寿司、ヒジキのいなり寿司、ミニトマト入りのコロッケなど12品入り。試食した小谷町長は「地元の食材がふんだんに使われている。非常においしい」、高本総括料理長は「梅干し入りの豚まんがとてもいい味」と評価した。審査の結果、250点満点中207点を獲得して優勝した。優秀賞はみなべおかみ元気会(岩本恵子、室井貴子、南部紀子、田中幸子、輪玉真知子、瀧谷明子)、UMEムスメ(生田裕美、田端由美、竹本かすみ)の2チームだった。
 あきんどカーニバルは14日まで。13日はみなべ市場、種飛ばし大会、みなべ町内園児のお遊戯発表会、事業所対抗仮装カラオケ大会などが多彩に催され、大勢の人出でにぎわった。14日も梅トラクイズ、あきんどエキスプレス、獣電戦隊キョウリュウジャーショーなど盛りだくさんの催しがある。

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る