人も社会も少しずつ賢く

 県教委が行った教師の体罰に関する実態調査で、昨年4月以降、県内公立学校の124人の教師が体罰をしていたことが分かった。その行為の理由、形態はさまざまだが、県教委はあらためて、本年度の学校教育指導方針として体罰の全面禁止を強調している。
 30年ほど前、筆者の通う小学校では、戦前生まれの男の先生が受け持ちの児童にしょっちゅう体罰を加えていた。女の子にも容赦がなく、ときには足を払ってこかし、とくによく怒られていた男の子は、「お前が将来、会社の社長になったら、ワシの墓にしょんべんかけてもええ」とののしられた。もちろん、落ち度は子どもにあるのだが、体罰がいまより容認されていた時代とはいえ、いま思えばうそみたいな話。
 時代の変化を感じるといえば、たばこも。つい20年前までは、電車でも飲食店でも吸えない場所はなかったが、いまは見渡せばほとんどが禁煙。再放送で昔のドラマを見れば、主人公はみんな四六時中、たばこをくわえている。ある意味、たばこは男っぽさや忙しく働く男の象徴で、百害あって一利なしといわれる喫煙に世間も甘かった。
 教師の体罰に対する意識は、学校側も世間も急速に変わりつつある。女子柔道の騒動をみても、生徒や選手が理不尽な暴力、暴言に対し、怒りの声を上げられるようになってきた。床屋談義で体罰を肯定する意見は多く聞かれるが、いずれ、そうしたどや顔まじりの思い出話も、はばかられる時代になるのだろう。
 飲酒運転もしかり。世間の感覚は長い時間をかけて、気がつけば大きく変わっている。1人ひとりの人間と同じく、社会全体も、痛みを経験しながら少しずつ賢くなっていく。    (静)

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る