印南の偉人を後世に

 印南町文化協会が、印南町から離れて活躍した印南漁民の研究に力を入れている。 筆者も取材を通じて、 3人の漁民のことについて詳しくなった。
 1人目は比較的有名な角屋甚太郎。 江戸時代の前期 (1690年ごろ) に活躍した人で、 かつお節の始祖とも言われ、 土佐に渡ってカツオ漁を伝えたことも有名。 2人目は森弥兵衛。 江戸中期 (1707年ごろ) に鹿児島県の枕崎にかつお節製法を伝えた。 現在、 枕崎市はかつお節生産量日本一となっている。 3人目は江戸後期 (1780年ごろ) の印南与市 (土佐与市)。 土佐かつお節製造の名人で千葉県へ移民し製法を伝え、 千倉ではかつお節が一躍有名になり、 製法は房州各地にも広まった。
 文化協会ではこれまでに土佐、枕崎、千葉など、3人のゆかりの地を訪問。いずれの地でも墓が建てられるなど大切にされており、子孫がそれぞれの功績をしっかり守って受け継がれている。 文化協会の訪問も大いに歓迎された。 中でも枕崎では森弥兵衛の存在が大きく、 「いまの枕崎があるのは森弥兵衛のおかげ」 と感謝され、 中学生が劇にするくらいだったという。
 一方で、 3人が誕生した印南町であまり知られていないのが残念だ。 そういう筆者も角屋甚太郎以外の2人の存在は知らなかった。 地元の偉人の存在を知ることで郷土を誇りに思う心が育ち、 ふるさとへの愛着が深まる。 結果的に地域活性、 まちづくりへの参加意識が高くなる。 文化協会では3人の偉人を広めようと取り組んでいるが、 今後もさらに活動を続け、 多くの子どもたちに伝え、 自分たちの町を誇りに思ってもらいたい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る