教訓は生かさなければ

 1分けを挟んで開幕7連勝。プロ野球セ・リーグでは、巨人が素晴らしいスタートダッシュを決めた。8戦で13本塁打と重量打線が機能、あまり当てにしていなかったボウカー、ロペスの助っ人が大活躍。昨シーズンは期待通りの働きとまではいえなかった村田が絶好調で、復活を期す脇谷ら脇役も結果を出した。切り込み隊長・長野はまだまだでもこの快進撃。テレビの解説者らは早くも「オールスターまでに優勝を決めるのではないか」といい、アンチ巨人からは「早く優勝を決めるなら決めて、クライマックスシリーズ出場争いを楽しみにしたい」なんて声も聞かれる。
 もう10年以上前になると思うが、他のチームの主砲を金にものをいわせて集め、大ブーイングを浴びた。でも、勝てなかった。大金を使ったのに優勝できなかった。その教訓がここ数年のシーズンに生かされているように感じる。先発野手の主力は外国人を除けばほとんどが生え抜き。投手には杉内、ホールトンらがいることを思えば、移籍選手の比率が低い。野球は本塁打の数を競うのではなく、守りを固めることが大事。昔の補強失敗で学び、新たに菅野を加えた磐石ともいえる投手陣を築いたからこその7連勝だと思う。
 西岡、福留の新加入で注目を集めた阪神は3勝5敗と振るわない。7日の先発野手は半数が移籍選手。守護神の大リーグ挑戦があったにもかかわらず、いつぞや見た光景、打者に大枚をはたき、肝心の投手補強がおろそかになってはいないだろうか。シーズンはまだ始まったばかりとはいえ、出足を見ると昨季低迷からの巻き返しは厳しいムード。秋には、教訓は生かさないといけないという教訓が生まれそうだ。      (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. やにこうおいしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る