魅力いっぱいのコゴミ

 日高川町の道の駅SanPin中津には、ワラビをはじめ、フキ、ゴンパチ、タラの芽など春の山菜が続々と入荷。買い物客の人気になっている。タラの芽は天ぷら、これからのウドはきんぴらなどで最高。ともにマヨネーズと相性抜群で、筆者もさまざまな料理をご飯のおかず、酒の肴で堪能している。楽しみいっぱい、おいしさいっぱいの春の山菜だが、昨春から道の駅ではコゴミも仲間入り。一度口にしてみたいと思っている。
 コゴミは繁殖力が強く一度植えると年々増えていくのが特徴。栽培に手間がかからないので遊休農地対策や特産づくりへの作物として注目されている。道の駅で売っているのは、日高川町のバイオセンター中津が出荷したコゴミ。センターでは数年前から苗を栽培し、県内各地の生産者に供給している。ことし初めて生産者のコゴミも市場などに出荷される見通しで目にする機会も増えそう。
 このコゴミだが、ワラビなどと違ってあくが少ないので調理もしやすく、そのまま料理でき、サラダ感覚で食べられることから若い女性に人気が高まっているという。パスタやリゾット、マリネ、天ぷらなどに最適で、インターネットでレシピサイトを見てみると、あえ物にベーコンや小エビなどとのいため物、おひたし、チーズ春巻きなど多種多様。いずれもとてもおいしそう。欧米でも人気食材で、予約困難な東京南青山のミシュラン一つ星フランス料理店でも利用されている。ミネラルなども豊富で、キャベツに比べてカルシウムが1・6倍、亜鉛2・9倍、ポリフェノール4倍と健康にもいい。そんな魅力いっぱいのコゴミ。読者の皆さんも一度、味わってみて下さい。      (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る