提案箱で積極的な意見交換を

 人の意見に耳を傾けることは大切である。自分の頭で考えても思いつかなかった問題が、 他人からのアドバイスで簡単に解決することもある。 企業などの組織が物事をスムーズに進めようとする時には、当事者や担当者らの生の声を尊重する。 従業員の意見を反映させるため、 提案箱を設置する企業も多い。 中には提案を義務付けている会社さえある。
 住民の声を聞くという意味で歴史的に有名なのが、 江戸幕府8代将軍の徳川吉宗が行った目安箱。 政治・経済から日常の問題までの要望や不満を直訴させた。投書は住所・氏名記入式で、 記載されていない投書は破棄され、 回収された投書は将軍自ら検分したそうだ。だからこそ、江戸時代の3大改革といわれる享保の改革ができたのだろう。
 みなべ町でも3月の当初議会一般質問で議員が提案箱の設置を要望した。これがきっかけで、近く町内5カ所の公民館に置くことが決まった。 過去には旧南部川村で設置していたこともあったが、 要望は少なかったという。 しかし、 提案箱は住民が投書してくれるのをただ待つだけでなく、 行政側から課題や問題についての意見を住民に投げかけ、提案箱を通じて募るという方法もあると思う。 町民約1万5000人の中にはそれまで誰も思いつかなかったアイデアを持っている人もおられるかもしれない。 それを放っておくのはもったいない話だ。
 行政は 「住民の声を聞きながら事業を進めたい」 「住民が主役の行政を目指す」 と、 機会あるごとにそう話す。 それなら提案できる機会を積極的に提供すべきで、 提案箱の設置で活発な意見活動が展開されること期待したい。    (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る