県が高齢者の見守り活動強化

 高齢者が住みなれた地域で安心して生活できるよう、 県と関西電力、 JA、 郵便局などの民間事業者が手を組み、 日々の見守りを強化する全国初の取り組みがスタートする。 集金や配達で家庭を訪問する従業員が声かけを行い、 郵便物や新聞がたまっていないかなどを確認。 何か異変に気づいた場合は市町村に連絡、 緊急性が高い場合は警察や消防に通報する連携で、 9日に県庁で協定締結式が行われる。  県高齢者生活支援室によると、 昨年3月末時点の県内の65歳以上の高齢者人口は約27万4500人。 このうち1人暮らしは約5万6000人で、 この10年間で約2万人増え、 高齢者の5人に1人が1人暮らしとなっており、 今後も増加が予想されている。
 家族や知人のだれからも看取られることなく病気等で亡くなる孤独死、 オレオレや株のもうけ話を持ちかける利殖勧誘などの詐欺被害も増加傾向にあり、 これらを未然に防ぐため、 県は関西電力和歌山支店、 JAグループ和歌山 (県内全JA)、 日本新聞販売協会和歌山市支部・紀北支部・紀南支部、 日本郵便 (県内全郵便局)、 和歌山ヤクルト販売の5社と協定を締結。 事業所の総数は約600カ所あり、 集金や配達、 電気メーターの検針などを担当する従業員が家庭を訪問する際、 お年寄りへの声かけを行い、 姿が見えないときも物干し場や郵便受けをさりげなくチェックしながら、 「何かおかしい」 と感じたときは市町村に連絡する。
 県は平成21年度から県や市町村のOBを 「地域見守り協力員」 とする高齢者の生活安全支援活動を進めてきたが、 民間事業者とのネットワークでよりきめ細かい見守りに期待。 仁坂吉伸知事は 「和歌山は高齢化が進んでいるが、 とくに1人暮らしの高齢者が多い県でもある。 県が事業所の研修を行い、 市町村と各事業所の調整役として、 3者が一体となって取り組むこの全国初のシステムで、 高齢者の安心、 安全をサポートしたい」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る