目標を持って輝こう

 和歌山市出身の女子プロボクサー真道ゴー選手が、5月にWBC女子フライ級世界タイトル戦に挑むという。彼女は性同一性障害に悩んだが、母親の言葉で心が晴れたと大手新聞に紹介されていた。その言葉とは、母親にカミングアウトしたとき「男とか女とかではなく、目標を持って生きていないのが悲しい。笑顔で生活してくれたらそれでいい」。子への愛情にあふれる母親だからこそいえる言葉だと感銘を受けた。もちろん、目標を見つけ、達成に向けて頑張る真道選手も素直にかっこいい。やはり目標を持っている人は輝いて見えるし、やる気に満ちている人がそばにいると周りにもいい影響を与える。
 自分を見つめ直すと、とても輝いているとは言い難い。仕事はこなすのに精いっぱいで、趣味と豪語していたマラソンも、忙しさを理由にもはや趣味とはいえなくなっているのが現状。無理やり輝く必要はないが、やはり目指すものがあるのとないのとでは気持ちの持ちようが違う。そろそろ自分に喝を入れなければと、真道選手の母の言葉に自分も奮い立たされた。やりたいことはたくさんある、しかしいまのままの方が楽、そんな後ろ向きな思いから脱却してもっと自分に挑戦していかなければ。そんな思いにかきたてられた。
 4月、新年度が始まり、多くの企業や官公庁では新入社員・職員が新たなスタートを切った。まだまだ緊張の連続だろうが、目標を決めてそれに向かってがむしゃらにまい進していってほしい。楽な道を選ぼうとしない、希望に満ち溢れたいまの気持ちを決して忘れてはならない。ついつい忘れてしまった時は、真道選手の母の言葉を思い出そう。目標は人を輝かす。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る