ソメイヨシノの受難

 毎年、この時季には高齢の母を連れて車窓から花見をするが、 ことしは母の風邪がひどく、 各地の桜の写真を撮ってくることになった◆印南町の新大峠トンネルを抜けたところにある桜並木が気に入っていたのだが、 行ってみるともうほとんど花がなかった。近隣の稲原中周辺のソメイヨシノも見てみたが、 先月本紙でも紹介された通り、 渡り鳥の 「ウソ」 に食べられたためか花が 「スカスカ」。 舞う雪がストップモーションになったようで風情がないこともないが、 やはり淋しい感じがする◆ネットで調べると、 「ソメイヨシノのつぼみがウソに食べられた」 との報告が各地で何件もみられた。 ソメイヨシノに限るようで、 確かに周辺を見て回ったところ、すぐ近くでも他の桜は満開だった。他の種類とどう違うのかと興味が湧き、性質や歴史を調べてみた◆現代の日本で桜といえば大体これを指すが、歴史は案外新しく、江戸後期。 種子では増えず、 現在ある木はすべて人の手で接ぎ木されたもの。 元をたどればどれも限られた原木につながる。 何かサラブレッドを思わせる。 ヤマザクラと違い、 高齢の木は少ない。 環境の変化や病気に弱く、 木の周辺にゴミを捨てられたり枝を折られるとたちまちダメージを受ける。 マナーの悪い花見客はソメイヨシノの天敵といえる。 なぜ野鳥に特に好まれるかは分からなかった。 性質の強い野生種と違い、 ソフトで食べやすいのだろうか◆山野でなく身近な場所で春を楽しませてくれるソメイヨシノ。 そのデリケートな性質を知ってみると、この花は変化に敏感に反応することで、 周囲の環境を守るよう無言で訴えているとも思える。野鳥の仕業では如何ともし難いが。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. みんなずっと友達だよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る