「忘れたころ」はあたりまえ~

 天災は忘れたころにやってくる。自然災害はその被害の恐ろしさを忘れたころに再びやってくる。だから、日ごろの備えを忘れてはいけないということわざ。「喉元過ぎれば熱さ忘れる」という言葉もある。人間はつらく、苦しいことも、それを乗り越えれば簡単に忘れてしまう。どちらも、人の不用心やお気楽さを戒める意味で使われることが多い。
 この怖さや苦しみを「忘れる」という現象は、社会生活を営む人間が生きるための脳内情報処理の基本。だれしも、いつわが身に降りかかるかもしれない事故や病気に四六時中、怯えていては健康な生活ができない。50年後かも、あすかもしれない巨大地震に対する備えは必要とはいえ、毎日その確認を繰り返し、ひねもす頭で考えていては仕事も手につかず、いずれ自ら病気を引き寄せてしまう。
 ある心理学者の話。企業やチームの個々のメンバーに、「組織のなかの自分の力」を自己採点させると、ほとんどの人から「平均以上」との過大な評価が返ってくるという。客観的にそんなことはありえないのだが、これも一種の自己防衛、健全な精神を保つための脳内情報処理であり、無意識に「(自分の能力が)そんなわけはない」と意識が働く。逆に、周囲より劣る自分の能力を正しく認識してしまうというのは、現実を悲観し、不安が抑えられないうつ状態の表れともいえるそうだ。
 内閣府が新たな南海トラフ巨大地震の被害想定を発表し、和歌山県も新たに2種類の津波浸水予測を公表した。「正しく恐れて備える」とは、聞こえはよくないが、現実の情報を無意識に都合よく操作して受け入れ、自分をだますことから始まる。     (静)

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る