「忘れたころ」はあたりまえ~

 天災は忘れたころにやってくる。自然災害はその被害の恐ろしさを忘れたころに再びやってくる。だから、日ごろの備えを忘れてはいけないということわざ。「喉元過ぎれば熱さ忘れる」という言葉もある。人間はつらく、苦しいことも、それを乗り越えれば簡単に忘れてしまう。どちらも、人の不用心やお気楽さを戒める意味で使われることが多い。
 この怖さや苦しみを「忘れる」という現象は、社会生活を営む人間が生きるための脳内情報処理の基本。だれしも、いつわが身に降りかかるかもしれない事故や病気に四六時中、怯えていては健康な生活ができない。50年後かも、あすかもしれない巨大地震に対する備えは必要とはいえ、毎日その確認を繰り返し、ひねもす頭で考えていては仕事も手につかず、いずれ自ら病気を引き寄せてしまう。
 ある心理学者の話。企業やチームの個々のメンバーに、「組織のなかの自分の力」を自己採点させると、ほとんどの人から「平均以上」との過大な評価が返ってくるという。客観的にそんなことはありえないのだが、これも一種の自己防衛、健全な精神を保つための脳内情報処理であり、無意識に「(自分の能力が)そんなわけはない」と意識が働く。逆に、周囲より劣る自分の能力を正しく認識してしまうというのは、現実を悲観し、不安が抑えられないうつ状態の表れともいえるそうだ。
 内閣府が新たな南海トラフ巨大地震の被害想定を発表し、和歌山県も新たに2種類の津波浸水予測を公表した。「正しく恐れて備える」とは、聞こえはよくないが、現実の情報を無意識に都合よく操作して受け入れ、自分をだますことから始まる。     (静)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る