御坊保健所が終末期医療意識調査

 御坊保健所は、 管内の一般住民1300人を対象に行った終末期医療に関する意識調査の結果を発表した。 これによると7割以上が終末期医療に関心を持っており、 全体の約9割が自身の延命治療を望んでいないことが分かった。 リビング・ウィル (生前の意思表示) への意識も高く、 約8割が必要と答えている。 保健所では結果をもとにリビング・ウィルの啓発や在宅医療態勢を充実させる対策を検討していく。
 終末期に対してどのような考えを持っているかを把握し、今後の医療や介護の態勢づくりに役立てていこうと初めてアンケート調査を行った。対象は管内1市5町の40~79歳の住民1300人を無作為に抽出し、ことし1月に実施。927人から回答があり、回答率は71・3%だった。
 終末期医療について関心があるかの問いには、「非常に」と「少し」を合わせると75%以上が「ある」と答え、高い関心を持っていることを表している。自身の延命治療については、「どちらかというと望まない」を含めて9割近くが「望まない」とし、「望む」はわずか2・5%だった。ただ、家族の延命治療については「望まない」が7割にとどまり、「望む」は7%に増え、「分からない」も17・3%いることから、自身は望まなくても家族になると望んだり、迷う人が多いことをうかがわせている。
 元気なうちに自身の終末期医療について意思表示しておく「リビング・ウィル」にも関心は高く、81%が「必要」と答え、さらに5割の人が書面の必要性を感じている。自身が最期を迎える療養場所の問いには「自宅」と答えた人は37・9%で4割にも満たず、病院と老人施設で3割以上あった。家族の最後の療養場所も同様で、自宅は35・9%にとどまった。
 自由欄には「家族が胃ろうの延命治療をするとき、家族内で意見が割れた。本人の意思が重要」「自宅療養者にもっと厚い支援が必要」などの意見があった。同保健所の西岡倫代主任は「今回の結果を基礎データとし、リビング・ウィルをもっと啓発していくことと、在宅医療態勢を充実させるために、医師や介護員、家族らが情報を共有する方法として『患者支援ノート』を作製することなどを検討していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ドリブルからシュート!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る