日高新報杯Jr.バレー 南部が7連覇

 日高郡市ジュニアバレーボール連盟主催、本社協賛の創刊85周年記念第13回日高新報杯兼第36回春季大会は14日に印南町体育センターなど3会場で開催され、6年生主体のAリーグに13チームが参加して熱戦を繰り広げた。新年度になって初めての公式戦。南部が日高郡市新人大会V、県新人大会女子の部3位の実力を発揮し、5試合すべてストレート勝ちの快進撃で見事7年連続10回目の優勝を決めた。準優勝は激戦ゾーンを勝ち上がってきた名田ソレイユ。3位決定戦は川辺ひかり女子が制した。 Aリーグ13チームは3、 4チームずつ4グループに分かれて予選を戦い、 各グループ上位2チームが決勝トーナメントで激突。 5年生以下のBリーグは参加チームが少なかったため、 順位を決めない交流戦扱いとした。
 南部はエース・井上の強打、 清水の速攻などの攻撃がさえわたり、 5試合とも相手を寄せつけなかった。 生駒明広監督は 「コツコツと練習をやってきたことが成果として出せたとは思う」 と7連覇達成に及第点を与えたが、 すぐに 「やらなくていい点もあった。 もう少しレシーブの練習が必要。 相手も強くなっていくので、 これから (夏の) 全国大会出場目指して頑張っていきたい」 と気持ちを引き締め直していた。
 名田ソレイユは予選グループ戦で南部に完敗したものの、 日高郡市新人大会準優勝の御坊つばさを撃破。 決勝トーナメントでも勢いは止まらず、 稲原、 内原の強豪を下して決勝に進出した。 南部との再戦となった決勝はストレート負けを喫したが、 監督代行の西田雅彦コーチは 「北野、 弓倉のサーブがよく決まり、 サーブで攻められた。 絶対的なエースがいない中、 みんな粘りのバレーができていた」 とチーム一丸で獲得した銀メダルを高く評価していた。
 開会式はメーン会場の印南町体育センターであり、 終了後には創刊85周年記念の作文コンクール 「私とバレーボール」 表彰式が行われた。 閉会式では上位3チームと、 ベスト8の各チームから1人ずつ選出された個人賞受賞者に賞状や記念品などが贈呈された。

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る