日高川の瀧川さんが75歳で大学院卒業

日高川の瀧川さんが75歳で大学院卒業
 75歳の日高川町坂野川の農業、 瀧川泰彦さんが和歌山大学大学院の経済学研究科経済学専攻の修士課程を修了、 見事学位を取得した。 同大学院では専門的な知識を深めようと一般サラリーマンや元議員らが在籍することもあるが、 75歳はこれまでで最高齢だという。 瀧川さんは2年間で14科目、 32単位を取得し、 しかもオールAという抜群の成績で、 「学んだことを農業の発展に生かしたい」 と話している。
 瀧川さんは、 勤めていた企業の定年を機に平成12年に大阪市から日高川町にIターン。 大自然の中で農業を営み、 第二の人生を満喫している。 来町者にさまざまな体験型観光を提供しているゆめ倶楽部21のメンバーとして活躍するとともに、 15年には米作り塾を開講。 昨年まで9年間で70人に米作りの楽しさと田舎暮らしの良さを伝え、 これまで31人が町内など日高地方に移住。 地域農業の発展にも貢献している。
 そんな暮らしの中、 耕作放棄地や若い農業者の不足など課題を痛感した。 農業のあり方を考えたい、 深刻な中山間地農業の再生と自立への方向性を導き出したいとの思いから専門的な知識を身につけようと73歳で大学院挑戦を決意。見事1発で合格した。農業の傍ら、大学院では初年度に白浜町の熊野サテライト、2年目は和歌山市の本学で受講。毎週3、4回程度通い、農業経済学特殊問題、社会・経済と企業の統計分析など経済学研究科開設の12科目、専門研究2科目について学んだ。修士論文は「中山間地農業の再生と自立(Iターン移住、和歌山日高川町米作り塾事例研究)」がテーマ。学んだことやこれまでの経験を基に、 戦後の農業の軌跡をたどり農業の課題など分析。 都市と農村の交流、 事例研究など紹介した上で、戦後の農業者の後を担う団塊世代と若者世代が競い合って効果の出そうな農業展望を導き出したいとつづり、 若者が仕事が休みの週末だけ農業をやる 「週末起農 (きのう)」など提言している。瀧川さんは学位取得に、「本当にうれしい。農業を取り巻くさまざまな難しい課題の解決の糸口になれば。勉強したことをお世話になっている地域に生かし、恩返しできれば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. スクラムが大事

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る