20年ぶりに読んだ村上春樹

 出版不況といわれる現代にあって、わずか7日間で100万部という驚異的な売り上げを記録した村上春樹著「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(文藝春秋)。売り出しのカウントダウンの模様がニュースで流れるなど、もはや社会現象となっていた◆しかし、氏のエッセイのどこかで「10万部単位の頃には作品が多くの人に理解されているのを感じていたが、100万部単位になってからはより多くの無理解や悪意が感じられるようになった」と読んだ覚えがあり、今回のお祭り騒ぎのような売られ方には違和感を覚えた。理解できない多くの人に読まれ、的外れの批判を受けてもいいんだろうか、と◆筆者にとっては一時期熱中し、その後離れた作家。土の匂いのしない都会的な作風、だが内容は軽くはない。誠実な描写、世界を見つめる目の深さと厳しさがよかった。しかし「ノルウェイの森」や「ダンス・ダンス・ダンス」が好きになれず、以後エッセイだけを読むようになり今に至る◆ニュースに乗せられたわけではないが、およそ20年ぶりに最新作を買って読んだ。昔はなかった時代へのまっすぐなメッセージのようなものを感じ、その書きぶりに、無理解な人を恐れる気持ちなどとうの昔に超越したのだろうと思った。無理解な人が50万人いても、もっと売って100万人の理解者と出会う可能性に賭けると決めたのかもしれない。その本を必要とする誰かの手に間違いなく届くように◆それにしても、演出次第でそれだけ売れるという事実には感心する。出版業界だけでなくいろんな場で参考にできないものだろうか。その品がきちんと実質的な価値を持つことが条件になるが。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る