20年ぶりに読んだ村上春樹

 出版不況といわれる現代にあって、わずか7日間で100万部という驚異的な売り上げを記録した村上春樹著「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(文藝春秋)。売り出しのカウントダウンの模様がニュースで流れるなど、もはや社会現象となっていた◆しかし、氏のエッセイのどこかで「10万部単位の頃には作品が多くの人に理解されているのを感じていたが、100万部単位になってからはより多くの無理解や悪意が感じられるようになった」と読んだ覚えがあり、今回のお祭り騒ぎのような売られ方には違和感を覚えた。理解できない多くの人に読まれ、的外れの批判を受けてもいいんだろうか、と◆筆者にとっては一時期熱中し、その後離れた作家。土の匂いのしない都会的な作風、だが内容は軽くはない。誠実な描写、世界を見つめる目の深さと厳しさがよかった。しかし「ノルウェイの森」や「ダンス・ダンス・ダンス」が好きになれず、以後エッセイだけを読むようになり今に至る◆ニュースに乗せられたわけではないが、およそ20年ぶりに最新作を買って読んだ。昔はなかった時代へのまっすぐなメッセージのようなものを感じ、その書きぶりに、無理解な人を恐れる気持ちなどとうの昔に超越したのだろうと思った。無理解な人が50万人いても、もっと売って100万人の理解者と出会う可能性に賭けると決めたのかもしれない。その本を必要とする誰かの手に間違いなく届くように◆それにしても、演出次第でそれだけ売れるという事実には感心する。出版業界だけでなくいろんな場で参考にできないものだろうか。その品がきちんと実質的な価値を持つことが条件になるが。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る