ボーイズリーグ 和歌山日高が全国大会へ

 公益財団法人日本少年野球連盟 (ボーイズリーグ) の第43回日本少年野球春季全国大会県支部予選は2日、 県営紀三井寺球場で中学生の部のベスト4が激突し、 和歌山日高/マリナーズ (日高マリナーズから改称) が7年ぶり2度目の優勝。 見事、 全国大会 (26~29日、 関東地方) の出場権を獲得した。 和歌山日高は準決勝で9回タイブレークの熱闘を制し、 決勝は持ち前の守備力で完封勝ち。 岡田俊哉投手 (中日ドラゴンズ) を擁してベスト16入りして以来の大舞台出場を決めた。  県支部予選には11チームが参加し、トーナメントで熱戦を展開した。和歌山日高は先月24日の2回戦で和歌山黒潮を6回コールド、8―1で破り、この日の準決勝では和歌山北を9回タイブレークの末、4―2で下した。決勝は和歌山有田に4―0で完封勝ち。
 2回戦は5回まで1点を争う緊迫した展開だった。1―1の同点に追いつかれた直後の6回裏に打線が奮起。1死満塁から西川の2点適時打で勝ち越すと、三尾の適時打、塩路の2点適時打、森の適時打などが次々と飛び出す怒とうの攻撃を見せ、一気にコールド勝ちした。投げては滝本が安定感抜群の投球で完投した。準決勝は初回に西川の適時打、大土の犠飛で2点を先制。4回に2点を奪われ、試合を振り出しに戻された。5回から延長8回までは両チーム無得点。1死満塁からプレーが始まるタイブレークに突入した9回、田上の適時打、滝本の押し出し四球で2点リードすると、滝本に代わって8回から登板の1年生・泉口がその裏の反撃を許さなかった。決勝は初回に北野の適時打、大土の2点二塁打で3点を先制、3回にも1点を追加。先発・堀田が7回2死まで無安打無得点の快投を演じ、初安打を浴びたあとも次打者を危なげなく内野ゴロに打ち取り、チームを栄冠に導いた。
 和歌山日高は昨秋の関西大会県支部予選に続いて2季連続優勝を達成。豊富な投手陣と3試合計2失策の堅実な守備が光った。前田忠紀代表は「子どもたちがすごいことをやってくれた。スター選手がいない中、チームワークを発揮し、秋の優勝におごることなく一生懸命練習してきた成果と思う。全国では前回を超えるベスト8以上を目標にしたい」と喜びを爆発させ、高岡周作監督は「全員でもぎ取った優勝。接戦は予想していたが、投手を中心によく守って粘り強く戦ってくれた。全国では和歌山代表として恥ずかしくない戦いをし、ベスト8以上の上位進出を狙いたい」と力強く話した。
 春季全国大会の組み合わせも決まっており、和歌山日高は27日の2回戦から登場。初戦の対戦相手は波崎(茨城県支部)。和歌山日高のメンバーは次の皆さん。
 前田忠紀(代表)、高岡周作(監督)、冨貴博文(コーチ)、藤並大伸(マネジャー)、北野廉、三尾拓也、滝本塁貴、塩路将弘、西川藍畝、田上都翁、森泰成、松尾拓実、大土海図、堀田翔希、橋本晴貴、鶴田悠、尾崎壮吾、久保絢生、泉口友汰、藤川知也、橋本陸、久保勇人、三宅遥人、三栖基椰、喜多友大、恵中健伸、中岡直斗、上村皆人、村松裕介、山﨑大輝、米田心、牧野樹

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る