須佐神社でおとう祭 ことしは全地区から子ども

 市内塩屋町南塩屋の須佐神社(小竹伸和宮司)で10日、日高路に春を告げる伝統の「おとう(御乙)祭」が行われ、ことしは久しぶりに氏子の5地区すべてで子どもの「おとう」がそろう。
 南塩屋、森岡、南谷、切山、明神川の5地区から15歳以下の男の子が「おとう」を務め、冠・裃で駕籠に乗り、榊持ち、太刀持ち、家族親族を従え神社に参集。本殿で2㍍近くもある大幣を振り、世話人が三方に盛ったハナガラ(お洗米)を振りまいて地域の平安を祈願する。
 おとうは、15歳以下の男の子のうえ、長男でなければ務めることができず、条件を満たす子どもがいない地区は区長らが代役を務める。200年以上続くこの伝統の祭りも、少子化により、5地区すべてで子どものおとうがそろうことは珍しくなり、十数年前からは毎年のように1、2の地区で代理おとうが幣を振ってきたが、ことしは晴れて5地区とも子どものおとうが参集する。
 神事は午後1時から始まり、修祓の儀、長床の儀などに続き、大幣を振る奉幣の儀は2時前後になる見通し。祭式終了後、2時半からは境内で恒例のもちまきも行われる。

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る