暗唱大会の大きな収穫

御坊ライオンズクラブ主催、日高地方子ども暗唱大会の全出演者と内容を数回にわたって特集ページで紹介した。 そのため全作品について調べたのが、 個人的には大きな収穫となった◆たとえばナポレオン・ヒルの言葉 「わたしはできる」。 「勝ちたいと思う心の片隅で無理だと考えるならあなたは絶対勝てない (略) わたしはできる そう考える人が結局は勝つのだ」 という力強いメッセージだ。 ヒルは世界の鉄鋼王カーネギーを記者として取材した時、 「これから20年かけて成功者500人以上を研究し、成功哲学を体系化してくれ」 と大仕事を依頼される。しかも 「無償で」。ヒルは即座に承諾。 苦心の末、 約束通り20年後 「頭を使って豊かになれ(思考は現実化する)」を著し、成功哲学の祖と呼ばれた。残念ながらカーネギーはその9年前に亡くなっていたが、ビジョンは受け継がれた◆ 「心に太陽を持て くちびるに歌を持て」 という有名な言葉が、 2001年の流行語になった 「米百俵」 の作者山本有三によるものだということも初めて知った。 NHKみんなのうたの 「ウメボシジンセイ」 が、もとは明治時代の尋常小学校の教科書に載っていた詩だということも。他にも 「こんないい詩があったのか」 「こんないい歌が」 と発見の連続で、大変勉強になった。 全作品の逸話を紹介できないのが残念だ◆ひとつだけ、 どんなに検索しても見つからない作品があった。ご本人に問い合わせるとオリジナルの物語とのこと。 頼もしく思い、なんだか嬉しくなった。 言葉に親しみ、 言葉と遊んで、 言葉を操る力を身につける。その力はこれから広い世界へと漕ぎ出す時、 有効な指針となってくれるはずだ。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る