暗唱大会の大きな収穫

御坊ライオンズクラブ主催、日高地方子ども暗唱大会の全出演者と内容を数回にわたって特集ページで紹介した。 そのため全作品について調べたのが、 個人的には大きな収穫となった◆たとえばナポレオン・ヒルの言葉 「わたしはできる」。 「勝ちたいと思う心の片隅で無理だと考えるならあなたは絶対勝てない (略) わたしはできる そう考える人が結局は勝つのだ」 という力強いメッセージだ。 ヒルは世界の鉄鋼王カーネギーを記者として取材した時、 「これから20年かけて成功者500人以上を研究し、成功哲学を体系化してくれ」 と大仕事を依頼される。しかも 「無償で」。ヒルは即座に承諾。 苦心の末、 約束通り20年後 「頭を使って豊かになれ(思考は現実化する)」を著し、成功哲学の祖と呼ばれた。残念ながらカーネギーはその9年前に亡くなっていたが、ビジョンは受け継がれた◆ 「心に太陽を持て くちびるに歌を持て」 という有名な言葉が、 2001年の流行語になった 「米百俵」 の作者山本有三によるものだということも初めて知った。 NHKみんなのうたの 「ウメボシジンセイ」 が、もとは明治時代の尋常小学校の教科書に載っていた詩だということも。他にも 「こんないい詩があったのか」 「こんないい歌が」 と発見の連続で、大変勉強になった。 全作品の逸話を紹介できないのが残念だ◆ひとつだけ、 どんなに検索しても見つからない作品があった。ご本人に問い合わせるとオリジナルの物語とのこと。 頼もしく思い、なんだか嬉しくなった。 言葉に親しみ、 言葉と遊んで、 言葉を操る力を身につける。その力はこれから広い世界へと漕ぎ出す時、 有効な指針となってくれるはずだ。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る