「誰か」は「自分」と「あなた」

 都会へ知り合いと出かけていて、その知り合いが突然病気で倒れたり事故に遭って大けがをした時、自分が手を離せない状況なら「おーい、誰か助けてくれー」と叫ぶ。周囲に顔見知りがいない。思わず「誰か」に頼るところだが、そんな言葉では「誰か」には通じないという。そういう状況になった場合は1人を指差し、「あなた、救急車を呼んでください」とはっきり呼びかけた方が効果的とされ、大声で助けを求めて動いてくれない世間は冷たいと思うかもしれないが、人間の心理で仕方がない部分もあるのだろう。確か救急救命講習の取材でも、「誰か」ではなく「あなた」と指名するように教えられていたと記憶している。
 いくら人間の心理でも、「誰か」といわれてすぐに自分が助けにいけないようでは情けない話だ。普段の生活でも誰かのためにという行動は数え切れないほどある。トイレの紙、職場で使用する文房具類、次の誰かのために使ったあとで確認、補充しよう。小さなことでも普段から心がけておかなければ、いざという時、とっさの時に行動が伴うはずもない。集団生活においては、いつも「誰か」を「自分」「あなた」と置き換えて生活するだけで、ずっと快適な学校、仕事のしやすい会社、暮らしやすい地域になっていくはずだ。
 いじめや体罰で自殺を図る子どもたちがニュースをにぎわしている。「誰かが相談に乗ってあげていれば」。周囲の人たちのそんなインタビューを聞くと悲しくなる。「誰か」を指差しできない、大声で助けを求められない、思い悩む子どもたち。自分やあなたの意識と行動で救いの手を差し伸べることができると常に認識しておけば、大切な人を守ることにつながる。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る