日高川町長選 市木氏が事務所開き

 5月14日告示、19日投開票の日高川町首長選で、立候補予定の元役場公室長の新人市木久雄氏(60)=下田原=の後援会が30日、事務所開きと決起集会を行った。小熊の事務所には支持者ら約700人(主催者発表)が集まり、市木氏は「町民の皆さまが安全、安心で豊かに暮らせる町にするため今の町政を変える」と訴え、ガンバローコールで一致団結。31日の現職玉置俊久氏(62)=玄子=に先駆けて勝利へ気勢を上げた。
 この日は花田健吉、冨安民浩両県議と町議8人も応援に駆けつけた。熊谷重美会長は「市木さんは地味で派手さはなく、パフォーマンス的なことはできませんが、実行力はその地味さを補って余りあります。市木さんを知ってもらうために、これからますます後援会活動を頑張っていきます。ご支援をお願いします」とあいさつ。花田、冨安両県議らの激励のあと、市木氏は「現在の町政を眺め、トップダウン形式の町政、イベント中心の行政をこのまま続けていっていいのかどうかという強い思いの中で町の将来を見据えた時、今一度町政を見つめ直し、地に足のついた確かな行政を推進したい」とあらためて決意を表明。「日高川町が誕生して8年。町民の皆さまが安全で安心して、豊かに生活していける町にしていくためにも、ここは何としても今の町政を変えていくという強い思いでこの選挙戦に臨んでいきます。新人は新人らしく、正々堂々と一生懸命皆さま方とともにこの選挙を戦って参りますので、ご支援をお願いします」と力を込めた。最後は青年部の市木直弘さん、伊奈克記さん、鳥居達弘さんの発声で「ガンバローコール」を三唱、拳を天に突き上げた。
 川辺事務所は岡クレーンの向かい。連絡所で中津地区は高津尾の元寿司店「ニュー八幡屋」、美山地区は川原河の元喫茶店「鼓(つづみ)」の北隣。

関連記事

フォトニュース

  1. おいしい話にはご用心!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る