日高川町長選 市木氏が事務所開き

 5月14日告示、19日投開票の日高川町首長選で、立候補予定の元役場公室長の新人市木久雄氏(60)=下田原=の後援会が30日、事務所開きと決起集会を行った。小熊の事務所には支持者ら約700人(主催者発表)が集まり、市木氏は「町民の皆さまが安全、安心で豊かに暮らせる町にするため今の町政を変える」と訴え、ガンバローコールで一致団結。31日の現職玉置俊久氏(62)=玄子=に先駆けて勝利へ気勢を上げた。
 この日は花田健吉、冨安民浩両県議と町議8人も応援に駆けつけた。熊谷重美会長は「市木さんは地味で派手さはなく、パフォーマンス的なことはできませんが、実行力はその地味さを補って余りあります。市木さんを知ってもらうために、これからますます後援会活動を頑張っていきます。ご支援をお願いします」とあいさつ。花田、冨安両県議らの激励のあと、市木氏は「現在の町政を眺め、トップダウン形式の町政、イベント中心の行政をこのまま続けていっていいのかどうかという強い思いの中で町の将来を見据えた時、今一度町政を見つめ直し、地に足のついた確かな行政を推進したい」とあらためて決意を表明。「日高川町が誕生して8年。町民の皆さまが安全で安心して、豊かに生活していける町にしていくためにも、ここは何としても今の町政を変えていくという強い思いでこの選挙戦に臨んでいきます。新人は新人らしく、正々堂々と一生懸命皆さま方とともにこの選挙を戦って参りますので、ご支援をお願いします」と力を込めた。最後は青年部の市木直弘さん、伊奈克記さん、鳥居達弘さんの発声で「ガンバローコール」を三唱、拳を天に突き上げた。
 川辺事務所は岡クレーンの向かい。連絡所で中津地区は高津尾の元寿司店「ニュー八幡屋」、美山地区は川原河の元喫茶店「鼓(つづみ)」の北隣。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る