連載小説に歴史を学ぶ

 本紙3面で、24日付から新連載小説がスタートした。秋山香乃著「吉田松陰 大和燦々」、幕末が舞台の時代小説である
 黒船来航から明治政府樹立までわずか15年の短く激しい変革期、幕末。この時代に心ひかれる歴史愛好家は多い。松陰は国を動かした長州の志士らの師で、肖像画は50歳以下には見えないが実は享年28歳。アメリカへ密航を企てて囚われ、謹慎中に松下村塾で若者達を教える。裁きの場で国を憂える真情を語り、クーデター計画まで堂々と披露して死罪になった
 獄中で奇跡的な教育を行った逸話がある。松陰の発案で、囚人が順に講師を務め学び合う。俳句の得意な者は俳句を、歴史の好きな者は歴史を講義。誰に対しても松陰は美点を見いだし、丁寧な言葉遣いで接した。自分を認められると人は奮起する。松陰は囚人らに非常に慕われ、獄吏までが彼の生徒として学んだ
 辞世の歌「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留めおかまし大和魂」はあまりにも有名だ。密航に失敗した時は「かくすればかくなるものと知りながらやむにやまれぬ大和魂」と詠んでいる。家族への辞世は「親思う心に勝る親心今日のおとづれ何と聞くらむ」。思想に殉ずる峻厳さだけでなく人を思いやる温かい心があったからこそ、若者の心に師の面影は深く刻まれ、命を賭けてその遺志を果たそうとしたのだろう
 経済も文化も行き詰まって外圧が高まり、現代にも似ていた江戸後期日本。その状況を打破し、国家体制の新旧交代を成し遂げた明治維新に学ぶべき点は多い。連載では若き日の松陰が描かれる。新たな松陰像がどう立ち上がってくるか。今の世への道標となるか。一読者の目で楽しみに読み進めたい。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. クリスマスまで点灯します

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る