県が面谷トンネル改修へ

 県は新年度、 みなべ町清川と田辺市芳養地内にまたがる県道芳養清川線の面谷(おもだに)トンネル改修工事の測量設計を行う。 現状は幅員が3・8㍍と狭く車両の対向ができない状態で、 地元住民からも改良を望む声が上がっていた。 県では新しいトンネルを取り付ける計画で、 平成29年度ごろの完成を目指して進めていく方針。
 場所は清川地内の大川集会所近くから田辺方面へ約500㍍の地点。地元や田辺市龍神村の一部の住民が田辺市街への通勤や買い物などに利用する道路で、通行台数は比較的多いがトンネルの道幅が狭く、交通のネックとなっている。加えて延長は355㍍だが、トンネル内には待避所がないので、一方からの進入車両があると反対側の手前で待機しなければならない。車両の高さ制限もあり、2・8㍍以上の車は通れない。以前から改良を望む声はあったが、23年9月の台風12号の影響で幹線道路が損壊し同地区が孤立したこともあり、「道路の整備を進めてほしい」という声が高まっていた。
 こうした声を受け、県では2月の補正予算で4860万円、当初議会で4000万円の計8860万円を計上し、25年度から事業に取りかかる。計画では付近に新しいトンネルを設置し、交通のネックを解消する。幅員や延長などについては今後煮詰めていく。19日に清川公民館で開かれた県政報告会では、仁坂伸吉知事が「26年度から着工し、29年度ごろに完成させたい」と説明した。

関連記事

フォトニュース

  1. 海の勇者が愛したキンセンカ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る