南海トラフ地震で内閣府が2次被害想定

 内閣府は18日、南海トラフの巨大地震の被害想定(第2次報告)を公表した。死者・負傷者数や建物の全壊棟数が示された昨年8月の第1次報告に続き、今回はライフライン等の社会資本等被害と施設、生産などの経済的な被害が中心。近畿が最も大きく被災するケースでは、和歌山県の災害廃棄物は東日本大震災全被災地を上回る1700万トンと推計され、経済的な被害は9兆9000億円に上るとみられている。
 今回の被害想定は、4つの地方ごとに津波や地震動、季節、時間帯などの条件を組み合わせ、被害が大きくなる8つのケースで想定。都道府県別の被害想定のうち、近畿地方が大きく被災するケースをみると、和歌山県の被災直後の断水人口は全体の81%の約76万人。1週間後には51%の48万人、1カ月後には12%の12万人になる。停電軒数は地震直後が全体の90%の約74万軒、4日後には11%の約9万4000軒まで回復。避難者の数は地震1日後で約35万人(避難所22万人、避難所外12万人)、1週間後で約31万人(19万人、12万人)、1カ月後で約28万人(8万5000人、20万人)となり、平日の日中に起きた地震で自宅のあるゾーン外への外出者約18万人に占める帰宅困難者数は、最少で約5万7000人、最大で約6万3000人に上るとみられている。
 ほか、倒壊建物のがれきなどの災害廃棄物は全国で6番目に多い1700万㌧、津波堆積物は全国で3番目の約600万㌧。
 ライフラインなど社会資本以外の経済的な被害では、東海地方で被害が最大になるケースのみ推計されており、これによる全国の被害総額は220兆3000億円。このうち、和歌山県は施設や資産の被害で9兆9000億円となっている。
 今回の被害想定について県総合防災課は「災害廃棄物の量は、処理に相当な労力を要したおととし9月の台風12号豪雨で7万㌧だったし、東日本大震災全体でも1600万㌧程度という情報もある。今回の数字は、和歌山県だけで東日本大震災全体を超える量となっており、県や市町村で対応できない。大阪は4300万㌧と和歌山県よりもはるかに多く、他の自治体の支援を受けることも難しい。また、経済的な被害は近畿地方で被害が最大となるケースは推計されておらず、9兆9000億円という数字は和歌山県にとって最大の数字ではない」と話している。
 仁坂知事 約10兆円という数字に驚かず、まずは県民の命を守ることにハード、ソフト両面で最大限努力していく。

関連記事

フォトニュース

  1. オンラインでも参加できます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る