印南で東ちづるさんが講演

 印南町教育委員会は17日、 体育センターで平成24年度人権教育講演会を開き、 タレントの東ちづるさん(52)から 「心豊かに自分らしく~つながる よりそう~」 をテーマに聴いた。
 東さんは出身地 (広島県) の高校生が白血病になり、 その妹から骨髄バンクを支援してほしいと頼まれたことをきっかけに、 骨髄バンクのボランティア活動をはじめた。 活動する中で、 ある白血病で亡くなった女子大生の葬式に参列した話を紹介。 白血病が治った友人とともに参列し、 笑顔いっぱいの表情の遺影を見ながら 「この子も治療ができたらいまでも笑顔でいただろうな。 同じ白血病でも明と暗に分かれるなぁ」などと会話していると、 近くの男性が怒鳴り声を上げた。「生きているあなたたちが『明』 で死ぬかもしれない僕たちが 『暗』 なのかい」。「白血病の患者さんだとわかり、 すぐに謝罪して立ち去ったが、 あとからとても最低なことを言ったと気付いた。 彼女の人生が明だったか暗だったかなんであったのかは、彼女が決めること。 それを私たちは自分を明とし、彼女を暗として比較した。まったく対等じゃない」と後悔した気持ちを話した。 最後に「誰とも比較しない、比較されない。難しいことですが、 まずは自分を大切にすることから始めれば、他人も大切にすることができるようになります」と締めくくった。 集まった約400人は熱心に聞き入っていた。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで歩くと楽しいね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る