宮井紀行 全国ツアースタート

 美浜町田井出身で、鹿児島を拠点にソロ活動を展開しているシンガーソングライター、宮井紀行さん(35)が15日、弾き語りライブツアー「Keep on Walking」をスタートさせた。桜前線とともに九州から北上、東北の被災地3県も含め、4月8日の福岡まで全国15都市。ふるさと和歌山では5日に和歌山市の本町ラグタイム、6日に田辺市上屋敷のララ・ロカレで行う。
 昨年末にリリースした3枚目のフルアルバム『Keep on Walking』は、編曲にチャゲ&飛鳥やAKB48、長渕剛らを手がける関淳二郎ほか、クレモンティーヌやエリック・マーティン(BIG)のギターを担当した目木とーる、CHARAの初期の楽曲を手がけた平田みずほを迎えてレコーディング。さらに録音した音源は、PSYなども使う韓国のjfsスタジオでマスタリングを仕上げた渾身の一枚。今回のツアーは15日の屋久島を皮切りに、20・21日長崎、22日岡山、23日大阪(枚方市HANG ON CAFE)、24日福井、25日富山、26日福島、27日・28日宮城、29日岩手、31日東京、4月5・6日和歌山、7日兵庫、8日福岡となっており、宮井さんは日高地方のファンに向けて「紀州イズムを胸に魂込めてうたってきます。どこかの会場で皆さんに会えるのを楽しみにしています。とくに和歌山で」とメッセージをくれた。
 和歌山の2公演はいずれもゲストを迎え、前売り2000円、当日2500円。5日のラグタイムは午後7時開演、6日のララ・ロカレは午後3時開演。問い合わせはラグタイム℡073―431―1355、ララ・ロカレ℡0739―34―2146。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る