コンクラーベで政治離れ解消!?

 カトリック教信徒約12億人の最高指導者である新しいローマ法王を選ぶ「コンクラーベ」が連日報道された。投票によって決まらなければ黒い煙、決まれば白い煙を出して投票結果を外部に知らせる。日本時間14日未明、2日目にして白い煙が上がった。筆者は仏教徒のため、どこの誰が法王になったのかそれほど関心はないが、注目したいのは投票といっても誰かが立候補するのではなく、毎回の投票結果から多数の支持を集められそうな人物を少しずつ絞っていくという点だ。出たい人より出てほしい人を選ぶ、理にかなっていて、だからこそ長く続いているのだろうか。日本の地方選挙とは違って共感する部分がある。
 その日本の選挙も新しい取り組みがスタートしそうだ。インターネットを使った選挙運動を解禁するための公職選挙法改正案が、自民、公明、日本維新の会の3党から衆院に提出された。成立すればホームページやブログ、ツイッター、フェイスブックなどを使って特定の候補者への投票を呼びかけられるようになる。パソコンや携帯電話を通じてインターネットの利用が普及している現状を考えれば当然の成り行きだろう。どの候補者がどんな考えを持っているのか、携帯電話一つですぐに分かる、いまの時代当たり前のことだ。
 ただ、ネット選挙が国民の政治離れを解消する起爆剤になるとは思わない。ネットはあくまで手段であって、選んでもらう側の資質が低ければ政治は変わらない。地方でも同じこと。出たい人より出てほしい人を選ぶ、コンクラーベ方式にまずは候補者をある程度選ぶ投票を行うのも面白い。白い煙が出るまでとことんやれば関心が高まるかも。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る