にしゆき 5月に日高川でコンサート

 印南町樮川出身のシンガー・ソングライターにしゆきさん (本名=西有希・奈良県在住) が、 5月26日に日高川交流センターでコンサート (JA紀州中央、 ㈱クロスエンタテイメント協賛) を開く。 「ふるさとからの贈りもの」 と題した地元コンサートの第1弾。 地元園児や団体と共演するほか、 歌手の松崎しげるさんが楽曲を提供した曲を含む新曲4曲を披露する。  にしさんは、 樮川小学校、 切目川中学校、 日高高校、 大阪市立大学を卒業。 音楽活動は高校時代からオーディションに参加し、 大学卒業後も派遣社員として働きながら活動を続け、 自主制作でCDも出した。 平成22年1月に所属するクロスエンタテイメント (奈良県) のオーディションライブで認められプロデビュー。 ふるさとや恋愛をテーマにした曲で活躍。 昨年10月には市民文化会館で、 デビューのきっかけとなった松崎しげるさんとともにコンサートを開き、 大成功を収めた。
  「ふるさとからの贈りもの」 は、 生まれ育った日高地方でのコンサートで、 日高川町が第1弾。 1部と2部に分かれており、 1部は御坊幼稚園の園児が、 にしさんが作詞を手がけたJA紀州中央のマスコットキャラクター 「きちゅうくん」 のテーマソングを振り付けを交えてかわいく踊る。 このほか美山太鼓保存会、 JA紀州中央女性会藤田支部コーラス部、 地元アマチュアバンド姫風が歌声や演奏を披露する。 2部でにしさんが登場し、 新曲4曲を含め12曲ほどを披露。 新曲では松崎しげるさんが楽曲を提供し、 にしさんが作詞した 『「ただいま」 「おかえり」』 も披露。 地元を離れて生活している人が、 地元に帰って温かく迎え入れられる様子を描いており、 同じように地元を離れて生活しているにしさんの心情をうたっている。 2部の後半では 「きちゅうくんのうた」 やコンサート用に作った新曲などで1部で出演した団体との共演もある。 にしさんは 「多くのふるさとの皆さんに聴いていただき、 皆さんと一緒に楽しみたいです」 と話している。 また今後出身の印南町含め、 日高地方の市町での開催も計画している。
 午後1時半開演。 チケットは大人2000円、 子ども (3歳以上高校生以下) 1000円。 問い合わせはJA紀州中央℡22-2480か交流センター℡54-0326まで。

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る