にしゆき 5月に日高川でコンサート

 印南町樮川出身のシンガー・ソングライターにしゆきさん (本名=西有希・奈良県在住) が、 5月26日に日高川交流センターでコンサート (JA紀州中央、 ㈱クロスエンタテイメント協賛) を開く。 「ふるさとからの贈りもの」 と題した地元コンサートの第1弾。 地元園児や団体と共演するほか、 歌手の松崎しげるさんが楽曲を提供した曲を含む新曲4曲を披露する。  にしさんは、 樮川小学校、 切目川中学校、 日高高校、 大阪市立大学を卒業。 音楽活動は高校時代からオーディションに参加し、 大学卒業後も派遣社員として働きながら活動を続け、 自主制作でCDも出した。 平成22年1月に所属するクロスエンタテイメント (奈良県) のオーディションライブで認められプロデビュー。 ふるさとや恋愛をテーマにした曲で活躍。 昨年10月には市民文化会館で、 デビューのきっかけとなった松崎しげるさんとともにコンサートを開き、 大成功を収めた。
  「ふるさとからの贈りもの」 は、 生まれ育った日高地方でのコンサートで、 日高川町が第1弾。 1部と2部に分かれており、 1部は御坊幼稚園の園児が、 にしさんが作詞を手がけたJA紀州中央のマスコットキャラクター 「きちゅうくん」 のテーマソングを振り付けを交えてかわいく踊る。 このほか美山太鼓保存会、 JA紀州中央女性会藤田支部コーラス部、 地元アマチュアバンド姫風が歌声や演奏を披露する。 2部でにしさんが登場し、 新曲4曲を含め12曲ほどを披露。 新曲では松崎しげるさんが楽曲を提供し、 にしさんが作詞した 『「ただいま」 「おかえり」』 も披露。 地元を離れて生活している人が、 地元に帰って温かく迎え入れられる様子を描いており、 同じように地元を離れて生活しているにしさんの心情をうたっている。 2部の後半では 「きちゅうくんのうた」 やコンサート用に作った新曲などで1部で出演した団体との共演もある。 にしさんは 「多くのふるさとの皆さんに聴いていただき、 皆さんと一緒に楽しみたいです」 と話している。 また今後出身の印南町含め、 日高地方の市町での開催も計画している。
 午後1時半開演。 チケットは大人2000円、 子ども (3歳以上高校生以下) 1000円。 問い合わせはJA紀州中央℡22-2480か交流センター℡54-0326まで。

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る