心も少しは癒やされましたか

 「おっかぁ、あのねって、もう一度だけ呼んでほしいよ」(6歳だった娘へ、33歳の母)▽「父ちゃん、また漁師やるからよ。頑張るから、天国から見守っててくれな」(14歳だった娘へ、50歳の父)▽「兄貴が見つかった4カ月後、母さんもそっちに行ったよ。写真を並べてあるから寂しくないだろ?」(31歳だった兄へ、30歳の弟)▽「日本一の女房だった。生まれ変わってもまた結婚してくれないか」(53歳だった妻へ、62歳の夫)
 東日本大震災から丸2年を迎えた11日の読売新聞。「戻らぬあなたへ」というタイトルの見開き特集で、犠牲になった人たちの写真とともに、家族のいまの思いが綴られていた。ここに紹介したのは一部の人たちの言葉の一部だけだが、どの人も家族への愛情と感謝があふれ、遺影に語りかけるような言葉の一つひとつに、止まらない涙を子どもたちの手前、花粉症のせいにしてごまかしたのも、おそらく筆者だけではないはず。
 被災地はがれきがすっかり整理されたものの、復興と呼べる状態にはまだまだ遠い。仕事を再開しても収入は少なく、畑に種をまいても生活は苦しいまま。津波に家族を奪われた人たちも、この2年という時間の経過によって、薄皮をはぐように少しは心が癒されたのか。「見守っていて」「頑張るからな」。戻らぬあなたへの言葉にも、悲しみや後悔を吹っ切ったような生きる力が感じられる。
 福島県では、いまも放射能のためにふるさとに戻れない人たちがいる。以前、南相馬市から美浜町へ避難していた際、取材させていただいた西山種大さん(83)は元気にしておられるだろうか。夏の相馬野馬追に合わせ、まちの取材を兼ねて訪ねてみようと思う。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る