御坊保健所 ナースのお仕事PRへ

 県の政策コンペ事業で、 御坊保健所が計画した 「ナースのお仕事PR大作戦」 が、 25年度新規事業に採択されることが決まった。 26年4月に日高病院へ開校を予定している日高看護専門学校学生募集に合わせ、 看護師の魅力を広く発信する取り組み。 7月7日に看護師との交流を深める 「七夕交流イベント」 を開催するのをメーンに、 PRガイドの作製、 ありがとうメッセージの募集などを展開していく。
 地域医療を担う日高病院をはじめ和歌山、 北裏、 北出の管内4病院で看護師不足が続いていることから、 少しでも看護師の仕事を知ってもらい、 看護専門学校の学生確保につなげていこうと企画。 県が各振興局単位で新規事業を募集する政策コンペ事業に採用された。
 事業は、 七夕交流イベントの開催、 ありがとうメッセージコンテスト、 地域の魅力PRガイドの作製の3本柱。 メーンとなる七夕交流イベントは、 中紀地域の高校生や一般を対象に看護職の魅力をPRする内容。 「出会い」 のイメージの七夕に、 高校生らと現役看護師が交流する場を設け、 4病院がそれぞれの役割などをプレゼンテーションする。 具体的な内容は今後検討していく。
 ありがとうメッセージは、 看護師への感謝の気持ちを広く一般から募集。 優秀作品は七夕交流イベントで表彰するほか、 応募作品をアレンジして曲をつけてCDを作成することにしている。 メッセージは地域の病院にも掲示して看護師のモチベーションを上げ、 看護職の魅力のPRにもつなげていく。 募集は4月ごろを予定している。
 PRガイドは、 病院の紹介と、 地域の観光や産品等の魅力を盛り込んだパンフレットやDVDを作製し、 県内の高校や全国の看護師養成所、 就職説明会場などで配布する。
 事業は、 病院や消防、 各市町など管内関係機関でつくる日高地方地域医療対策協議会 (会長・野尻孝子御坊保健所長) が主体となって実施。 3月には4病院の看護師を中心 「ナースのお仕事PR実行委員会」 を設置し、 各事業内容を詰めていく。 野尻会長は 「看護専門学校の学生募集の初年度に当たりますので、 看護の魅力をしっかりPRして学生確保、 そして地域の看護師不足解消につなげていきたい」 と力を込めて話している。
 看護師養成所は開校へ向けて順調に進んでおり、 1次試験は12月ごろになりそう。

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る