ジビエレシピ 小田さんに農林水産部長賞

 和歌山のジビエを広めようと県が実施している 「わかやまジビエレシピコンテスト」 の最終審査が、 18日に和歌山市内のレストランARTE (アルテ) で開かれ、 印南町羽六の農業小田美津子さん (69) の 「シカ肉ロール巻き」 が農林水産部長賞に輝いた。 ホテルのコック長らが出場する中での受賞で、 「この賞を励みにこれからもさまざまな料理を考案していきたい」 と意気込んでいる。
 コンテストは和歌山のジビエの普及を目的に、 「家庭でも手軽に調理できる」 などをテーマに昨年末から1月にかけて募集。 レシピと写真を添付して応募する形式で、 80点が応募。 1次の書類選考で5点を選び、 18日に最終審査。 審査はプロの料理人がレシピ通りに調理し、 ロイヤルパインズホテルの総料理長や精肉店代表者、 一般らが審査員となって試食し、 グランプリの知事賞1点、 農林水産部長賞4点を選んだ。
 小田さんのシカ肉ロール巻きは5点の中で唯一のシカ肉料理。 ニンジン、 カイワレ、 モヤシをシカ肉で巻いて焼いたあと、 梅びしおとケチャップ、 しょうゆで作ったソースをかけて完成。 肉のうまみが広がり、 野菜もおいしく食べられるのが特徴で、 「野菜が苦手な子どもでも食べられるように」 と考案。 惜しくもグランプリは逃したが、 コックらが出場する中での大健闘で、 審査員からも 「甲乙つけがたい素晴らしい料理」 と高評価をもらった。
 小田さんは料理を趣味にしているほか、 印南町生活・営農改善グループ連絡協議会や明日を考える会など、 地元の食に関する団体の会長を務め、 これまでも米粉を使ったレシピを考案するなど地産地消に向けた取り組みを進めている。 受賞に際し 「とってもうれしいです。 ますます意欲がわいてきましたので、 これからも研究を続けていきたい」 と笑顔を見せている。
山城ジビエ小田さん.jpg山城ジビエ料理.jpg

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る