ジビエレシピ 小田さんに農林水産部長賞

 和歌山のジビエを広めようと県が実施している 「わかやまジビエレシピコンテスト」 の最終審査が、 18日に和歌山市内のレストランARTE (アルテ) で開かれ、 印南町羽六の農業小田美津子さん (69) の 「シカ肉ロール巻き」 が農林水産部長賞に輝いた。 ホテルのコック長らが出場する中での受賞で、 「この賞を励みにこれからもさまざまな料理を考案していきたい」 と意気込んでいる。
 コンテストは和歌山のジビエの普及を目的に、 「家庭でも手軽に調理できる」 などをテーマに昨年末から1月にかけて募集。 レシピと写真を添付して応募する形式で、 80点が応募。 1次の書類選考で5点を選び、 18日に最終審査。 審査はプロの料理人がレシピ通りに調理し、 ロイヤルパインズホテルの総料理長や精肉店代表者、 一般らが審査員となって試食し、 グランプリの知事賞1点、 農林水産部長賞4点を選んだ。
 小田さんのシカ肉ロール巻きは5点の中で唯一のシカ肉料理。 ニンジン、 カイワレ、 モヤシをシカ肉で巻いて焼いたあと、 梅びしおとケチャップ、 しょうゆで作ったソースをかけて完成。 肉のうまみが広がり、 野菜もおいしく食べられるのが特徴で、 「野菜が苦手な子どもでも食べられるように」 と考案。 惜しくもグランプリは逃したが、 コックらが出場する中での大健闘で、 審査員からも 「甲乙つけがたい素晴らしい料理」 と高評価をもらった。
 小田さんは料理を趣味にしているほか、 印南町生活・営農改善グループ連絡協議会や明日を考える会など、 地元の食に関する団体の会長を務め、 これまでも米粉を使ったレシピを考案するなど地産地消に向けた取り組みを進めている。 受賞に際し 「とってもうれしいです。 ますます意欲がわいてきましたので、 これからも研究を続けていきたい」 と笑顔を見せている。
山城ジビエ小田さん.jpg山城ジビエ料理.jpg

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る