感謝の気持ち忘れるな

 数年前、サッカー日本代表FWで、みなべ町にゆかりのある岡崎慎司選手を取材させてもらったことがある。プライベートでみなべ町を訪れていたにもかかわらず、突然の取材依頼に嫌な顔一つすることなく、初対面の筆者の質問に丁寧に答えてくれたことはいまでもはっきりと覚えている。そのときすでに日本代表としてゴールを量産し最も注目されていたにもかかわらず、おごることなく、一言でいうと素直という言葉がよく似合う選手だった。種目は違うが、みなべ町で講演した元女子バレーボール日本代表監督の柳本晶一さんが「トップアスリートの条件は素直さ」と話されていたと聞いて、岡崎選手が思い浮かび、納得させられた。技術や体力だけではない、競技に対するひたむきさが個のレベルアップに欠かせない。
 本紙が協賛する第17回日高新報杯少年サッカー大会が、ことしも3月2、3日に開催される。準備や取材を通して大会にかかわって15年になるが、カメラのレンズごしに選手たちの真剣なプレーを追っていると、自然と力が入る。勝ち負けも大事だが、サッカーというスポーツを通して他のチームの選手と交流を深め、心が成長する大会にしてもらいたい。セレッソ大阪で活躍する酒本憲幸選手に続く、地元選手のJリーガーが将来、誕生してほしいとの期待も込めている。
 そしてもう一つ、選手のみんなにはサッカーができることに感謝の気持ちを忘れないでほしい。日々、指導してくれている監督やコーチ、応援してくれる保護者がいるからサッカーができることを少しでも理解する場になればと願っている。人に対して感謝の気持ちを持つ、これも素直さの一つだ。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 被害防止へともに頑張りましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る