光るキノコに興味津々

 自然界に光るキノコがあるのをご存知だろうか。先日、NHKのサイエンスZEROという番組を見て筆者は初めて知ったが、いくつものキノコが暗闇に金色のように輝く様子は、とても神秘的だった。
 キノコに限らず、光る動植物はほかにもある。有名なところはゲンジボタルで、あとはチョウチンアンコウやウミホタル、ヒカリキンメダイなど。また、2008年にノーベル化学賞を受賞した下村脩氏が研究していたオワンクラゲもそう。緑色蛍光タンパク質(GFP)という物質が光るらしいが、この物質を使ってがん細胞の増殖過程が分かるようになったなど、医学分野にも応用されている。
 話を光るキノコに戻すと、ヤコウタケ、ツキヨタケ、エナシラッタケなど50種から60種が発見されている。中でもヤコウタケはまぶしいぐらいの光で、暗闇の中でも十分に本が読めるほど。ところが、キノコが光るメカニズムはまだ解明されておらず、研究段階。あの下村氏も次のターゲットをキノコに移して研究しており、今後いろんな面での応用が注目されている。
 そんな中、ど素人考えで申し訳ないが、光るキノコが夜間のエコで環境にやさしい明かりとして活用できないだろうかと、ふと思った。例えば山林などの高台に続く津波避難ルート沿いで光るキノコを栽培すれば、誘導灯の変わりになるかもしれない。キノコが生えない時期などさまざまな問題が出てくるだろうが、今後の研究でクリアされることに期待である。ところで、実は人も特殊なカメラで見ると超微量な光を発しているらしい。その光の強さをコントロールできるとすれば、これほど便利なことはない…そんな夢物語で締めくくりたい。  (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る