記念日マーケティングを

 去る14日はバレンタインデーだったが、その4日前の10日、印南町の花き連合会(中村守会長)とJAみなべいなみ花き部会(木村良材部会長)が高速道路印南SA(サービスエリア)でフラワーバレンタインデーのPR活動を行った。バレンタインデーに男性から女性に花を贈ろうという取り組みで、花き生産者や民間企業が中心となって全国的に展開している。SAでは主に男性に配布したが、数ある束の中から気に入った花を探す人の姿も見られ、「奥さんに渡してみます」という声もあり、おおむね好評だった。
 日本ではバレンタインデーといえば女性から男性にチョコレートを贈るのが定番。欧米でもチョコを贈ることがあるようだが、日本のようにチョコに限定されているような風潮はないようだ。なぜこうなったかははっきりわかっていないようだが、チョコの製造や販売関係の業界が進めてきたことが定着したという説が有力だろう。
 同じような話に土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、江戸時代に夏場の営業不振に悩んでいた鰻屋に平賀源内が助言したとか、節分の恵方巻きものり業者が広めたとか。「記念日マーケティング」とも呼ばれ、いまでは定着して当たり前になっている習慣も、最初は誰かが広めようと動き出したのがきっかけだったりする。
 フラワーバレンタインデーもいずれは当たり前の習慣になるかもしれない。日高地方には花のほかにもたくさんの特産物がある。何らかの記念日などにかこつけて売り出していけば、バレンタインデーのチョコのように定番化して消費拡大につながるのでは。最初は地道な活動になるだろうが、将来を見越して取り組んでみてはどうだろうか。  (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も出来は上々です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る