記念日マーケティングを

 去る14日はバレンタインデーだったが、その4日前の10日、印南町の花き連合会(中村守会長)とJAみなべいなみ花き部会(木村良材部会長)が高速道路印南SA(サービスエリア)でフラワーバレンタインデーのPR活動を行った。バレンタインデーに男性から女性に花を贈ろうという取り組みで、花き生産者や民間企業が中心となって全国的に展開している。SAでは主に男性に配布したが、数ある束の中から気に入った花を探す人の姿も見られ、「奥さんに渡してみます」という声もあり、おおむね好評だった。
 日本ではバレンタインデーといえば女性から男性にチョコレートを贈るのが定番。欧米でもチョコを贈ることがあるようだが、日本のようにチョコに限定されているような風潮はないようだ。なぜこうなったかははっきりわかっていないようだが、チョコの製造や販売関係の業界が進めてきたことが定着したという説が有力だろう。
 同じような話に土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、江戸時代に夏場の営業不振に悩んでいた鰻屋に平賀源内が助言したとか、節分の恵方巻きものり業者が広めたとか。「記念日マーケティング」とも呼ばれ、いまでは定着して当たり前になっている習慣も、最初は誰かが広めようと動き出したのがきっかけだったりする。
 フラワーバレンタインデーもいずれは当たり前の習慣になるかもしれない。日高地方には花のほかにもたくさんの特産物がある。何らかの記念日などにかこつけて売り出していけば、バレンタインデーのチョコのように定番化して消費拡大につながるのでは。最初は地道な活動になるだろうが、将来を見越して取り組んでみてはどうだろうか。  (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 海の環境を守ろう!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る