名門中の名門役者の退場

 昨年末から歌舞伎のことばかり書いているようだが、やはり書かずにいられない。今月3日、十二世市川団十郎が他界した。十八世中村勘三郎に続く訃報である◆荒事の創始者初代市川団十郎の芸を受け継ぐ市川宗家の当主。名門中の名門であり、その芸は王道中の王道。柔らかな笑みにはいつも、地位にふさわしいどっしりとした安定感と大らかさがあった。子息の海老蔵は会見で「大きな愛」のある人だった、と目を赤くし、噛みしめるように語っていた◆6年前、劇場で「勧進帳」を観た。海老蔵の富樫が目当てだったが、幕が上がると団十郎の弁慶に圧倒された。ずっしりと実質のある芸の厚み、若々しい富樫を吹き飛ばす存在感。市川宗家のお家芸、カッと見開いた目の「にらみ」で空間を支配していた◆9年前に白血病を発症、5年前に骨髄移植。「現代医学がなければ生きてはいない」と骨髄バンク推進連絡協議会会長に就任した。そのような体で、相当な体力と気力を要する舞台を見事に務めてきた。「頑張っているから悔いはないんですよ」という晴れやかな笑顔には、生のエネルギーを完全燃焼させている人の爽快感があった◆先日、追悼番組で一昨年夏の「勧進帳」を観た。「にらみ」の凄さにあらためて感じ入ると共に、6年前より格段によくなった海老蔵に瞠目。弁慶の意気に感じて関所を通す富樫の男気が伝わってくる。その気迫に、伝統を背負っていく覚悟を見た◆「勧進帳」の幕切れは飛び六方。片手を大きく振り、床を激しく踏んで大きなモーションで花道を駆ける。荒事の代表的な所作だ。正座して画面を見つめた。花道を去っていく団十郎の弁慶が、一際大きくこちらに迫ってくるようだった。    (里)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る