三尾へIターンの片桐さん 雑貨店オープンへ

 過疎化が進み、 空き家や耕作放棄地が増加している美浜町の三尾地区で、 県外から移り住んできた家族が購入した古民家を改造、 雑貨とカフェの店を開く準備を進めている。 夫婦と幼い子どもが2人の4人暮らし。 以前はメキシコで暮らした経験もあり、 三尾では畑を借りて野菜も作りながら、 「ここは自然がいっぱい。 将来は多くの人に来てもらえるよう、 新たなコミュニティーづくりにも貢献できれば」 と夢を描いている。
 雑貨とカフェの店を準備しているのは、 大阪市出身で元教諭の片桐秀典さん (34)。 大学を出て2年間、 小学校と中学校で数学や英語を教えたあと、 24歳からメキシコ南部のサンクリストバル・デ・ラスカサスという街で暮らし、 26歳で帰国。 27歳から大阪で雑貨屋を経営、 30歳からは妻華奈さん (33) ら家族でメキシコに渡り、 昨年8月、 三尾に引っ越してきた。
 海外生活であらためて日本の自然の素晴らしさを認識、 帰国後は華奈さんの故郷和歌山で雑貨屋を経営しながら暮らすことに決めた。 ▽海が近い▽近くにそこそこ大きな街がある▽田畑があるなどを条件に、 和歌山市から南へ、 海辺のまちを歩いて適当な古家がないか探した。 そのなかで、 三尾の小薮清信区長と知り合い、 小薮区長の紹介で三尾駐在所北側の垣内地内に木造平屋 (一部2階建て) の古民家にたどりついた。
 店の名前は 「道草屋」。 現在、 秀典さんがほぼ自分一人でコツコツと改修工事を進めており、 夏前にはオープンの予定。 家の近くに借りた畑ではニンニク、 ジャガイモ、 エンドウなどの野菜を作り、 店では衣類や雑貨、 ベビー服、 アクセサリーのほか、 メキシコで買い付けた刺しゅうの民芸品なども販売する。 秀典さんは 「将来は自分で作る野菜や米のほか、 すべて地元でとれる素材を使った料理を提供するのが理想。 店以外でも一坪貸し農園、 共同農作業を軸にした地域通貨の発行などいろんなことがアイデアとしてあります。 この自然がいっぱいの三尾に、 もっともっと多くの人が訪れるよう、 地域の皆さんとともに頑張っていきたいです」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る