上に立つ者が求められるもの

 遠隔操作で他人のパソコンの所有者になりすまし、殺人予告をしていた劇場型事件の真犯人がついに逮捕された。インターネットが登場して20年。その進化とともに生活が便利になる一方、ネットという不可触世界の中で毎日多くの犯罪が行われ、捜査の手法も後手に回りながら進化、多様化してきた。
 スポーツでは高校生の自殺をきっかけに、「指導者の体罰」が取り沙汰され、マスコミのヘビーローテーションが続いている。柔道女子日本代表監督の選手への暴行と暴言は、本人の辞任ではおさまらず、全柔連理事の辞任、会長の国際柔道連盟への謝罪と発展し、問題の根深さが浮き彫りとなった。
 組織やチームの指導者、責任者たる「えらいさん」は日々、どのように現場の状況を肌で感じているのか。人と人との信頼は暴力でなくとも、言葉や態度、不条理な人事で簡単に崩れ去る。その選手がチームにとって必要かどうかではなく、自分にとって必要かどうかという独裁の目に汚れてはいないか。
 上に立つ者は、同じ目標に向かって選手や部下と同じ現場にいれば、いやでも互いの問題点に気づくはず。それができないのは、現場にいても「いない」孤立状態にあると思われ、信頼関係がないため、下からの意見を力でねじ伏せることしかできない。全柔連の問題も監督だけでなく、そんな監督を放置してきた連盟のトップまで腐っているとみるべきだ。
 トップがメールもできないというのは、企業や組織にとって致命的な問題。虚実の被膜を行きかう海千山千はもちろん、真面目な業者にも出来心をノックしてしまいかねない。せめてITの言葉のアレルギーぐらいは克服し、聞く耳を持たねばならない。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る