相手の気持ちを考える

 由良町商工会の講習会「手書きチラシ・POPで売り上げアップ」を取材させてもらった。簡単な説明のあと、ワークシートが配られた。設問は「あなたのこと」をテーマに①あなたの扱っている商品・サービスは何ですか②それの特徴は何ですか③それの他と違う点は何ですか④それのこだわりや苦労は何ですか。それから「お客さまのこと」と題して、Aどんなことを望んで、何に悩んでいますかB他店の同じようなものにどんな不満がありましたかCあなたのそれを買った後にどんな結果になって、どんな気持ちになりますか。これらを順番に書き込む。回答を活用すればキャッチコピーが簡単に作れるとし、例えば「Aを②で解決する①です」などとそれぞれ当てはめればよい。「頭皮の悩みを②相談できる①理容店」などと教えてもらった。
 「お客さまが喜ぶことは何か」「お客さまはどんなことを考えているか」。設問をみると、相手の気持ちになることがチラシ、POP製作、ひいては商売には欠かせないということが伝わってくる。中華料理チェーン店でテーブル席を減らしてカウンター席を増やしたところ、サービスはそのままでも売り上げが増えた(1人の客が入りやすい)という成功事例も有名で、自分はもとより相手を知ることは本当に重要だ。
 体罰やいじめなど、世の中で起こるさまざまな問題は相手のことを思う気持ちの欠如が影響しているように感じる。体罰をした先生は悩みを抱えていた子どものことをどこまで理解していたのか、疑問が残る。前述のワークシート。商品やサービスを仕事や行動に置き換えてみて、自分を見つめ直す機会として使ってみるのもいいかもしれない。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る