防災対策は住民と協働で

 テレビの緊急ニュース速報にはいつもドキッとさせられる。地震情報となればなおさらで、先日も茨城県や北海道で震度5弱・強を観測する地震がテロップで流れ、動揺した。いま、大きな地震が起これば、どのような行動を取ればいいのか。そう思うだけで焦ってしまうのが正直なところ。本当に大きな揺れを感じれば、冷静に対応できるだろうか、常に不安が付きまとう。この不安を払拭(ふっしょく)するには、常に「もしいま起こったら」をシミュレーションしておくことが大切だ。災害は予測できないから怖い。
 いつ起こるか分からない最も恐ろしいこの自然災害に、挑戦する人たちもいる。海洋研究開発機構などの研究チームが、紀伊半島沖の海底で地盤のひずみが分かる計器などを設置するという。計器は水深1900㍍の海底に、さらに980㍍の穴を掘って取り付けるというのだから、技術の進歩には驚かされる。いまは直前予知の可能性があるのは発生周期や計器、地形などから東海地震だけといわれているが、近い将来、南海地震も高い確率で直前予知ができるかもしれない。そうあってほしいと願わずにはいられない。ただ、どれほど技術が進歩しても、100%予知するのは不可能だろう。ならばやはり、人が備えるしかない。
 和歌山県警では本年度から、毎月5日を「災害に備える日」として防災訓練などを県内各署単位で行っている。月に1度、意識を高めるのはいいことだ。ただ、警察だけで行うのではなく、地域住民を巻き込んだ取り組みにすればどうだろう。毎月続けていくのは簡単ではないが、継続してこそ備えるということ。防災に特効薬はないのだから。
       (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. NOB ROCK IN 子十浦FES17

    11月 17 @ 10:00 AM - 5:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る