二階代議士と韓国の李大統領が会談

 二階俊博代議士が29日から31日までの3日間韓国を訪れ、 李明博大統領から産業分野を対象にした最高位の国家勲章 「金塔産業勲章」 (1等級) を授与された。 会談の時間も設けられ、 竹島問題などで依然厳しい日韓関係の中も 「信頼と友情は揺るぎない」 などと双方が確認。引き続き観光、人的交流を続け、両国の発展に協力していくことを申し合わせた。
 今回の勲章は二階代議士が昨年、 5月から8月まで韓国で行われた麗水万博の開催に尽力した功績が高く評価されての受章。 李大統領から勲章が直接手渡された。 会談では李大統領が 「韓日の政治家間の交流が多く行われなければならない。 現実が厳しいから前に進めないと考えてはならず、 両国が未来志向的に進まなければならない」 と語り、 「青少年らの人的交流を活発にすれば、 政治もその動きについてくるのではないか」 と提案。 さらに 「昨年は両国間で500万人以上が交流した。 円安などで韓国への旅行客が減っているが、 いま一度、 力を尽くしてほしい」 との協力要請もあった。 二階代議士は 「これまで積み重ねてきた両国の信頼と友情がある。 麗水万博の開催に協力したのは当然」 などと叙勲授与に感謝した上で、 「領土の問題は今後、 時間をかけて解決すればいい。 両国交流の新時代を開くために努力したい。 旅行業界にも先頭に立って交流を築いてほしい。 私は派閥の二階派の会長になったが、 今度は二階派の研修会を韓国で開きたい」 などと述べた。
 会談を終えて二階代議士は 「大統領と腹を割った話ができた。 任期はあと少しで終わるが、 それだけに印象的な会談となった。 韓国と日本、 韓国と和歌山の発展へ一層友好を深めたい」 と話していた。 滞在中は韓国航空会社アシアナグループの朴三求会長主催の勲章祝賀会や韓国観光公社の李参社長主催の昼食会にも招かれ、大歓迎を受けた。また、関係者によると、朴槿恵次期大統領は時間が調整できず会談できなかったが、「次回はぜひとも会いたい」と話しているという。
 訪韓には林幹雄代議士(千葉県選出)や観光関連会社の社長、県議、町議、首長ら50人も同行。日高地方からは御坊商工会議所の吉田会頭、中紀バスの高垣太郎社長も参加した。

関連記事

フォトニュース

  1. 玉に全集中してな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る