ジビエ料理に親しもう

 イノシシやシカなどの肉を使ったジビエ料理を提供するジビエウイークが県内で開催中だ。今月末までのジビエPRイベントで、60カ所の飲食、宿泊施設などが参加。対象メニューを食べるなどし、アンケートに答えた人を対象に豪華景品が当たる。日高地方からの参加は10施設。筆者が舌鼓を打った料理も対象で、この機会にまた口にしたいと考えている。
 よく耳にするようになったジビエ料理だが、県内各地の取り組みは農作物に対する獣害対策。丹精込めて育てた作物が食い荒らされ、出荷できないとなると、農家にとって大打撃。生産意欲さえも低下してしまう。そんなイノシシやシカによる県内の農作物被害は年間約2億円。捕獲数は、昨年度で約2万頭を数えたが、食用処理したのはたった500頭余り。ジビエ料理で需要が増え肉が売れれば、農家が助かるだけでなく、ハンターの収入、狩猟意欲アップにもつながり、捨てていた肉を活用することは地域産業の活性化も期待できるという考えだ。
 日高川町では、獣肉を町の特産とし、ジビエの町づくりを進めている。そんな日高川町のシカ肉を使った「鹿カレー」が、カレー専門店チェーン「カレーハウスCoCo壱番屋」で今月1日から販売。地元御坊国道42号店では初日に50食も売れる人気ぶりで、筆者も味わったが絶品。あっさりしていながらも、シカ肉のうまみが凝縮されている。ヘルシーでもあり、老若男女幅広く好評だ。来月末までの期間限定販売。日高川町では来月23日にジビエ料理イベントが開催される。臭みもなく柔らかく本当においしいジビエ肉。食することは農家のためでもある。ジビエウイークとも合わせて、ぜひこの機会にご賞味を。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る