御坊の亀山を津波の避難場所に

 巨大地震の津波対策で市内湯川町の亀山 (海抜121㍍) を周辺の住民ら1万人が避難できる場所にしようと、 丸山区 (谷本隆史区長) と地元自主防災会 (中野大雄会長) が、 避難路の整備などを進めている。 当面は2カ所の避難路整備に5000万円程度の予算が見込まれており、 17日には中村裕一県議を案内して現地を見てもらい、 県補助の働きかけなどを要望した。
 市内では最大約17㍍の津波襲来が予想されているが、 避難できるような高台が少なく、 亀山は重要な避難場所になることが予想されている。 そういったことから区と防災会ではこれまでも市の補助金を受けるなどで避難路を整備。 地元中央集会所前には避難場所や海抜などを記した看板も設置した。 今回、 新たに避難路整備を計画しているのは、 亀山のすぐ南側にある宮山 (海抜24㍍) と西側にある西山 (同31㍍、 日高町の西山とは別)。 それぞれ200坪から300坪の広さがあり、 高台として避難場所となるが、 両方の場所からより一層海抜が高い亀山まで続く避難路を整備したい考え。 現在、 里道はついているが、 高齢者など避難弱者らも通りやすいように、 幅1㍍の舗装された道が必要としている。 距離は宮山、 西山から亀山までそれぞれ約200㍍となっている。 両方の山頂は平地ですでに木々が伐採されて更地になっており、 そこまで登る避難路や太陽光発電を使った電灯も設置している。
 谷本区長や中野会長は 「いざ災害が発生したときに、 亀山には湯川地区だけでなく、 市街地の方面から多くの市民らが避難してくると予想される。 自分の地域だけ助かればいいのではなく、 そういった人の受け入れ態勢も整えていく必要がある」 と話している。 この日、 現地を実際に歩いた中村県議は 「避難路の整備は、 市町が主体となって行う事業で、 県や国が補助金を出す格好になる。 私も県議として何か手伝っていきたい」と述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る