85歳中嶋さん サロンで元気に紙芝居

 美浜町社会福祉協議会の高齢者介護予防事業、 地域巡回いきいきサロンで、 ことし8月で86歳になる元小学校教諭の中嶋秀子さんが、 地域の祭りを紹介する手作り紙芝居を披露している。 1月から3月末まで13カ所の高齢者のたまり場を訪問し、 21日の田井畑地区でもお座敷唄の出囃子でご陽気に登場。 いきいきおばあちゃんが地域に元気をふりまいている。  昭和2年生まれ。 日高川町 (旧美山村) 愛川の出身で、 40年に美浜へ引っ越してくるまで、 村内の小中学校の教壇に立った。 同じ教諭の夫泉さん (10年前に他界) との間に3人の子どもをもうけ、 現在、 孫は8人、 ひ孫が1人。 毎週1回、 近くの中央公民館の太極拳サークルで体を動かしており、 以前は町内の読み聞かせボランティア 「ともしび」 のメンバーとしても活躍していたが、 白内障で目が見えにくくなり、 4年ほど前に脱退した。
 一時は両目が失明に近いほど悪くなったが、 2年前に受けた手術で左右とも驚くほど視力が回復。 以前にも増して気力がみなぎり、 昨年の秋祭りが終わったころ、 社協スタッフから 「何か楽しいことをやってもらえないか」 と声がかかった。
 紙芝居に選んだテーマは、 毎年12月に御﨑神社で行われる 「火たき祭」。 サロンボランティアの友人とともに祭りを 取材 し、 神社の関係者から資料をもらい、 町史や家にあった歴史の本を繰りながら、 火たき祭だけでなく関連する歴代天皇の名前、 町内の文化財なども含めた手作り紙芝居を完成させた。
 21日の田井畑サロンでも、 友人の元役場職員佐々木育代さんがうたうお座敷唄 「丸いたまご」 (テープ) に合わせて踊りながら登場。 笑顔いっぱい、 地域の文化遺産とその魅力を楽しく紹介した。 中嶋さんは 「サロンや太極拳でお友達になった人たちに助けられながら、 とにかく好きなことを楽しむことが健康の秘けつでしょうか。 幸せで楽しい毎日を過ごしています」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. そり立つ壁をよじ登れ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る