出会いを大切に

 新年号に掲載の近田拓矢選手(日高川町小熊出身)。今春のセンバツ出場が確実な大阪桐蔭の不動の4番、一塁手だ。昨年暮れに取材した時、印象に残る言葉があった。「自分がアピールできるのはパワーしかない」。
 守備や走力には自信がない。だから、パワーを生かした打力を伸ばす。昨年春夏甲子園連覇の強豪校で激しい競争の中、レギュラーになるためにはどうすればいいのかを考えた結果、そう結論付けたという。いくら努力をしても結果が出せないならばその部分には多少目をつむり、長所でカバーする。長所を際立たせるのも並大抵の努力ではできないことだが、それを実践して成長を遂げたというのだから感心した。
 世の中には勉強に、仕事に一生懸命頑張っている人たちは、上から目線で評価する人たちが思うよりずっとたくさんいる。ただ、悲しいかな結果が出なければ認めてはもらえない。第三者から見れば「無駄な頑張り」が多いといえるのだろう。ならば、結果が出るためにはどうすればいいのかよく考える必要がある。自分自身を見つめ直し、人より劣る部分を勝るところでカバーするのも成功への道の一つ。そんな逆転の発想に近い考え方に触れさせてもらえた。
 「人は人によりて人となる」。こんな言葉もある。過去には「失敗は、まけ(敗)を失うと書く」などと、チャレンジの大切さを教えてくれた町づくりに携わる人がおり、勇気づけられた。近田選手をはじめ、たくさんの人と取材で接し、一つの言葉がやる気を一気に高めてくれることも本当に多い。まさに人は人と接することで磨かれる。ことしも出会いを大切に現場で多くの人たちと向き合い、自分を成長させる一年でありたい。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じになってきました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る