県立医科大が小児医療センター整備へ

 県立医科大学(和歌山市)は小児高度医療の機能強化を目指し、教育・研修体制も含めた総合的な小児医療の拠点となる「小児医療センター(仮称)」を新設する。小児白血病など感染症対策が必要な患者のための準無菌室、感染症対策室を新設し、現在は血液内科で行っている骨髄移植にも対応。4月から工事が始まり、11月には病院棟10階に開設する。
 県立医科大の小児科はことし4月から県内唯一の中核病院小児科の指定を受け、 同じ和歌山市の日赤和歌山医療センターや田辺市の社会保険紀南病院の地域小児科センターなどとの医療提携、 地域の小児科病院や産科病院とのネットワークをさらに強化させる方針。 新たに整備する小児医療センターは、 すでにある総合周産期母子医療センターとともに総合的な小児・周産期医療を提供する核となり、 1人の子どもを胎児期から新生児、 乳児、 幼児と経過を観察しながら、 家族を含むメンタル面のケアにも対応していく。
 小児医療センターは県内唯一の日本小児血液・がん学会認定施設として、 小児がんや小児白血病など感染対策を必要とする子どものため、 準無菌室 (5室) と感染症対策室 (2室) を新設。 また、 在宅看護をしている家族の負担軽減を図るため、 子どもを一時入院させる 「あずかり対応病室」 も設置し、 現在は大人の患者を基本として血液内科で実施している骨髄移植もセンターで実施できるようになるという。
 同大付属病院の小児科病棟は現在、 7階東にあり、 4月から10階東 (現在は第一外科と腎臓内科) へ移転のための工事を開始。 完成まで7階の小児科はそのまま、 10階の第一外科と腎臓内科は別のフロアへ移り、 11月には10階東に小児医療センターとしての移転が完了する。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る