家族のためならエン~ヤコ~ラ

 紅白歌合戦で感動を呼んだ美輪明宏の『ヨイトマケの唄』。高度成長時代の社会の一面を切り取った詞が、昭和を生きた人たちの胸に響く。子どものために必死で働く母親、友達にはその姿を見られたくないのだが、毎日が精いっぱいの母親はそこまで気が回らない。マザコンを自称するリリー・フランキーやビートたけしにも通じる哀しくも優しい親子愛。音楽ではカバーも後を絶たない。
 年が明けて3日、仕事で日高高校卒業生の同窓会にお邪魔した。平成5年度の卒業からことしで19年目、ちょっと中途半端といえばそうなのだが、懐かしい同級生との再会に、そんなことはどうでもよい。会場のあちこちで思い出話の花が咲き、笑顔いっぱいの中での仕事始めとなった。
 30代後半、いわゆるアラフォー世代の皆さんは、家庭でも仕事でも、地域でも、それなりに責任ある立場となり、何かとストレスの多い毎日と想像する。子どものころ、身を粉にして自分に愛情を注いでくれた親は年老い、いまは自分が家族のために歯を食いしばって頑張っておられることだろう。今回の同窓会でそんな仲間と酒を酌み交わし、力をもらった方も多いのでは。
 ♪苦労苦労で死んでった 母ちゃん見てくれこの姿…。貧しさや親の子に対する一心な愛は、子どもにとっては恥ずかしく、ときに「いじめ」の原因にもなってしまうが、自慢でもないかわりに恥でもない。美輪明宏が友達のことを思ってつくったというこの曲を聴くたび、小学校のころの友達を思い出す。
 音信不通でどこにいるかもわからないM君。子どもの友達に笑われるほど、家族のために頑張っている姿が目に浮かぶ。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る