ココイチが日高川の「鹿カレー」販売へ

 「ココイチ」 で知られるカレー専門店チェーン最大手の 「カレーハウスCoCo壱番屋」 で2月1日から、日高川町産のシカ肉を使った 「鹿カレー」 が登場する。 同町船津の食肉処理加工施設 「ジビエ工房紀州」 で食用にされた良質なシカ肉で、 3月31日まで期間限定で県内を中心に9店舗で販売。 和歌山ならではのご当地メニューとしてだけでなく、 ヘルシーメニューとしても人気を呼びそうだ。
 販売するのは、 地元御坊市内の御坊国道42号店をはじめ、 和歌山市の和歌山国道26号店、 和歌山JR駅前店、 和歌山ぶらくり丁店、 ラウンドワン和歌山店、 和歌山北インター店、 紀の川市のオーストリート打田店、 田辺市の田辺元町店の県内8店舗と泉南市の泉南男里店。 価格は830円 (税込み)。 シカ肉は低カロリー、 低脂肪ながら高タンパクで鉄分などミネラルも豊富なヘルシー食材で、 モモを中心に使用。 スライス肉で1食当たり70㌘を使用しており、 大人気の同店のカレーソースとも相性抜群。 カレーライスには肉のほか、 ジャガイモやニンジンなど野菜も豊富に入っており、 ヘルシーながらもボリュームたっぷり。 育ち盛りの子どもからお年寄り、 女性まで幅広く味わえる一品に仕上がっている。 シカ肉は、 2カ月の販売期間中で680㌔の利用を見込んでいる。
 鹿カレーは、 ジビエ工房を管理・運営する日高川町の財団法人ふるさと振興公社が昨年の夏にシカ肉の需要拡大や販路網の開拓、 ジビエの町としてのPRなど目的に同店へシカ肉のカレー利用を事業提案。 安全規準の説明や試食など経て事業化が決定した。
 CoCo壱番屋は昭和53年1月に愛知県内で1号店がオープン。 平成6年には47都道府県への出店を達成するとともに、 ハワイに海外1号店を出店した。 店舗数は昨年12月現在で1343店にのぼり、うち海外は100店。 今月17日にはカレーチェーンの店舗数でギネス世界記録に認定されている。

関連記事

フォトニュース

  1. おいしい話にはご用心!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る