狂言の面白さを堪能

 素人の女性3人がステージに上がって、「腹立つや~」と右足で力強くステージを蹴り込んで「堪忍袋の緒が切れる」様子を表現。一方、男性2人も目を隠して「エーン」と大泣き。ユーモアたっぷりの寸劇で、約500人の観衆が爆笑した。封建時代、女性は耐えて忍ぶ、男性は人前で涙を見せてはならないたくましい存在で、そんな時代に始まった狂言。滑稽さ重視の喜劇的要素が強く、現在のコントに近いという。
 市民文化会館で20日、平成24年度市民教養講座特別公演、能楽師・和泉流狂言方14世野村又三郎さんによる「狂言鑑賞会」が開かれた。前述の男女5人の寸劇は、狂言についての解説コーナー「狂言解体新書」でのことであるが、滑稽さ重視という大前提に、時間経過や心の中の言葉の表現方法など鑑賞の仕方が紹介された。筆者も教わった基本知識を持った上で、観客同様に『禰宜山伏(ねぎやまぶし)』の鑑賞にチャレンジ。大黒天を相手に禰宜と山伏が祈祷勝負をする内容だが、野村さん扮する山伏の強引さと、幼い子どもの大黒天の興味のなさがとても滑稽で、狂言を知らなかった筆者でも十分に楽しめ、写真を撮るのを忘れて大笑いしてしまった。
 鑑賞会で野村さんが会場に尋ねたところ、古典芸能を生で見たことがないという人が大半を占めた。分かりづらいという印象なども影響しているようで、その点、今回の解体新書はとてもいい企画だったと思う。少しの知識でも十分に楽しめる古典芸能。御坊・日高は、道成寺もので知られる古典芸能のメッカ、道成寺のお膝元。能や歌舞伎、文楽、日本舞踊などさまざまな古典芸能に親しんでいただきたいが、狂言も本当に面白いのでぜひ鑑賞を。(昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 便利で役に立ちま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る