日高地方からプロ棋士を

 子どものころ祖父のところでルールを教えてもらった将棋。祖父やおじ、いとこらとの対局で勝った記憶はなく、かなり弱かったと思う。でもどんな競技やスポーツなどでもそうだが、自分より上手だったり、強かったりする人に教えてもらえば上達は早い。おかげで小学生時代に同級生らと対局する中ではそれなりの腕前だった。とはいっても別にいま強いわけではないので、その辺はご容赦を…。
 先日、市内島、大洋化学㈱に事務局を置く日本将棋連盟紀の国支部の第1回紀の国杯将棋大会が開かれ、愛好家32人が参加。小学生ぐらいの子どもも数人おり、日ごろの練習の成果を競っていた。同支部は平成23年12月1日に発足。毎月第1日曜日に財部会館、第4日曜日に市勤労青少年ホームで将棋道場を開いており、目玉は現役のプロ棋士を招いての指導対局。これまでには九段の久保利明氏、女流二段の村田智穂さん、将棋大会の日には四段の牧野光則氏を迎えた。
 プロの指導対局というのを初めて取材したが、一挙に6人と同時対局。それぞれの局面を暗記しているのかどうなのか分からないが、ほぼ考える時間もかけずに次々と一手を繰り出していくのには驚く。しかも、飛車、角落ちなどハンデ戦でもしっかり勝つ。だからこそプロなのだろうが、参加者にとってはとても貴重な体験。特に子どもたちにとっては圧倒的なプロの強さに感動するとともにいい勉強になったと思う。
 日高地方では子どもたちがするスポーツや文化系クラブがたくさんあるが、選択肢の一つとして将棋道場があって、しかもプロの指導が受けられるのは恵まれた環境。将来、日高地方からプロ棋士が誕生することを期待している。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. そり立つ壁をよじ登れ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る