近畿JA青年大会で御坊の野村さんが最優秀賞

 近畿地区JA青年大会が去る17日、和歌山市のアバローム紀の国で開かれ、 活動実績発表の部で県代表として出場したJA紀州中央青年部名田支部の野村直佑さん(26)=名田町上野=が最優秀賞を受賞。 同JAから8年ぶりに2月14・15日に東京で開かれる全国大会への出場を決めた。 野村さんは同支部が提案する 「母の日に墓参り」 の取り組みを紹介し、 他の産地にも広げていこうとする熱い思いが評価された。
 7月の県大会に唯一参加した野村さんは、 県代表として近畿地区大会に出場。 活動実績の部には野村さんと、 京都と奈良代表の3人が参加した。
 野村さんは、 「あなたが会いたい人がいる あなたに会いたい人がいる~母の日参り~」 のタイトルで発表。 一昨年、 全国的に児童虐待が多発していた中、 名田支部青年部員の集まりで 「家族愛について考える活動をしたい」 「花で社会を変えよう」 などの声が上がり、 みんなで何ができるか検討をスタート。 「花で愛を語り、 よりよい社会にする」 を目標に、 多くの人に共感してもらえ、 他の花き産地の青年部、 JA、 市場、 花屋などの協力を得て花業界の活性化につながる活動をしようと、 愛の象徴である母に着目。 母の日に花を持って墓参りに行ってもらうことで、 花の消費拡大と家族愛を再認識する機会にしてもらおうと、 「母の日参り」 を提唱することにしたことや、 JR和歌山駅や東日本大震災被災地の福島県でも活動したことを報告した。 これらの活動の成果として、 いままで青年部活動にほとんど参加していなかった部員も積極的になるなど一人一人のやる気につながったことも強調し、 「青年部から始まったほんの小さな愛の一滴が、 大きな川の流れとなり、 社会に染みわたっていくよう、 これからも活動を続けていきたい」と声を大にした。
 採点は地域やJAとのかかわり、 活動の成果、 発表態度などの項目で評価され、 名田支部の取り組みはとくに、 自分たちだけでなく他の産地も巻き込んだ活動であることが評価された。 野村さんは 「やるからには全国出場を目指していたので、本当にうれしい。花の消費拡大や家族愛を再認識してもらうきっかけとして、 母の日参りを日本中に定着させるためにも、 全国では楽しんで発表してきたい」と張り切っている。

関連記事

フォトニュース

  1. スクラムが大事

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る